カテゴリー: akane

仮想通貨と環境破壊

ビットコインって聞いたことありますか?
めちゃくちゃざっくり言うと円やドルとは違う種類のお金のことです。

Photo by David McBee on Pexels.com

全然興味を持っていなかったんですが、実は『ものは試し』ということで990円分の仮想通貨(ビットコインではない)を買って様子を見ています。990円なら、最悪0円になってもいい勉強になったなぁと思えますからね、皆さんも1000円とかの少額でやってみてはどうですか?別に勧誘するためにこの記事を書いていませんので気にしないでください、すみません。


今は一部の仮想通貨はめちゃくちゃ値段があがっていて、私の990円も一気に金額が上がりました。
今はちょっと嬉しくて毎日チェックするけれど、これがいつ下がるか分からない。というかつい最近まで990円より安かったくらいです。
だからいつ売ろうか、まだ売らないでおくか、とちょっと悩みながら勉強しています。

実は、この仮想通貨の管理をするために世界中の人がパソコンの電力を使っています。
そのパソコンから排出される二酸化炭素の量がものすごーーい量だそうです。
ということで、仮想通貨は実は世界的にものすごい電力を使っているんですね。
とはいえ、銀行もATM、株だってものすごい電力を使っているので仮想通貨だけが環境に良くないことをしているわけじゃないですが。

仮想通貨という未来のお金の運用のために、今の地球は大きな負担がかかっている。
現在、それが世界の課題となっているようです。

前から知ってた方は何を今さら・・・と思うでしょう。
けれど、多分知らない人の方がまだまだ多いと思いまして、ブログにしてみました。この話をSDGsで考えると以下になるかな?

SDGsを頭に入れながらネットや新聞から情報を得ようとすると、情報がめちゃくちゃおもしろいです。新聞の読書会がしたくなります。やろうかな・・・

投稿者 なるかわ

5/9はミキサー食教室

前回のブログでもお伝えしましたが、5月に医療的ケアが必要なご家族とご本人向けのミキサー食教室を開催します。前回の記事はこちらをご覧ください。

今回はその打ち合わせを、関係者の皆さんと開催しました。
ネット環境がない方は集まりましたが、あとはみんなそれぞれの場所からzoomでご参加くださいました。

初開催になりますので、最初はなるべくこぢんまりと、ゆっくりやれたらいいなと運営側としては思っています。
また、継続的なイベントにしていきたいので、5月の教室以降のお話もさせていただきました。

みなさん、とても張り切ってくださっています。

嬉しいです!!!

PTAもzoom

先日の夜はPTA会議でした。

現地で参加、またはオンライン参加が選べたのでオンライン参加にしました。学区内の規模の会議ではなかったため私の自宅から会場までは市内と言えども片道30分かかります。会議は19時から。そんなん色々詰むやんか。宿題チェック、夕飯、、色々あるやん。帰宅何時になるんよ…ってなる。オンラインがあるならオンラインがいい。良すぎる!!と思い、オンライン参加しました。

これもコロナのせいというか、おかげというか。SDGs的にはこういう感じですね。

とはいえ、有人ドローンで会場までひとっ飛びというのもまた良きかな(早く乗りたい!!)

防災会議

なんやかんやと会議をしています。

メインテーマは「防災」

日々細切れで打ち合わせはしているものの、話をまとめるためにはやっぱりまとまった時間を費やします。ほんとは美味しい何かを食べながら打ち合わせしたい所ですが、そんなこと今はできませんからzoomで会議。zoomを使い始めてまだ一年も経ってないことに震えませんか?私は震えないけど、これからもzoomは愛用していきます。

さらにじわじわと近づいてくる年度末・・・。忙しいですが(私は忙しくないけど)、いつやってくるか分からない災害のことを考えるのは待ったなしなので、少しずつ活動しています。

今日も2時間みっちり打ち合わせしました。
めずらしくほとんど脱線しなかったです(笑)

真面目な会議だったけど、3人であれこれ知恵を出し合ってしゃべってると元気が出ます。
とてもいい会議でした。

投稿:なるかわ

オリィ研究所

オリィ研究所

いよいよOryこと、オリィ研究所の話をします。
いよいよと言われても・・・と思うかもしれませんが、昨年からずっと記事にしたい・・・と思っていました。絶対に書ききれないから、先にオリィ研究所のHPをリンクしておきますね。老若男女見てください。

https://orylab.com/

オリィ研究所の共同創設者 代表取締役 CEO吉藤 健太朗さんのツイートより。
吉藤さんの軌跡も、こちらからご覧ください。

この前記事にしたような踊るロボットとはまた違うロボットをこのオリィ研究所さんは作っています。といってもオリィさんのロボットも踊れると思うけど。

私の妹はギランバレー症候群という、筋肉が動かなくなる難病に突然かかったことがありました。
あれよあれよという間に自発呼吸ができなくなり気管挿管しましたし、かろうじて動くのは右手だけ。目も動かせなかったです。あの時は妹は私より早くあの世に行くと思いましたよ。本当に。だけど、その後回復し、今は何事もなかったかのように後遺症もなく生きています。

当時、管に繋がれまくっている妹のところへお見舞いに行き、妹は筆談(と言っても上記の状態なので、こちらが紙を持ち妹が書いていた。腕を動かせないから同じ場所に字を買いてしまうため紙をずらしてあげないといけない状態だった)で話し、こちらは眼球が動かせない妹の視界に入る場所に立って話をしました。

動けない・話せないということはこういうことなのかと、妹を見て思いました。


オリィ研究所では、そういった方達がコミュニケーションを取れるようなロボットを作っています。下の動画のロボットはベッドで寝ている方が動かしています。すごい。

どうやったらこういうことができるのか、私には理論的には分かりませんが、ともかくすごい。

そしてモスバーガーでもオリィ研究所のロボットが!
車椅子などで現場では働けない方がロボットを通じて接客してくれます。
今は機械化が進み、店員さんとのコミュニケーションがなくなりつつありますが、このように会話をしながら買い物ができるのはとても心温まりますね。

力仕事をは上記のロボットにしてもらって、今回ご紹介したロボットはコミュニケーションをメインで。ロボットの力が必要な所にまさに適材適所にロボットたちが置かれていくのでしょう。健常者として生活している私は、自分の思うように体が動かせない人たちのことを想像しても想像しきれないです。それでも、こうやって記事にして応援していくことはできます。藤吉さん(オリィさん)は色んなインタビューに答えたり記事になったりしていますが、どれを読んでも好きになるばかりです(語弊があるといけないので、あえて書きますが異性としてじゃなくて、人として好き)。1人でも多くの方にこのオリィ研究所を知ってもらいたいです。

ちなみに、今回の記事はSDGsとしてはこちらかな?

こちらのオリィ研究所さんのことは今後も記事にしていきたいと思います。
なお、株式会社だけど上場はしていません。応援の気持ちで買いたい株ですが、きっと高いだろうな・・・なんて思いました。

投稿者:なるかわ

待ったなし

無事、昨日でクロースライン in 刈谷の展示が終わりました。
今日のブログはなるかわが書いています。

このコロナ禍のなか、イベントを開催できたこと、ご来場いただいたことに感謝申し上げます。
なぜこの時期に開催したか?
それはこの回答をご覧いただくと分かるかもしれません。

コロナ禍だからこそやりたかったので、開催できて、声を集めることができてよかったです。なお、上記のカードにはないけど「男性が在宅勤務を希望したが、職場で認められなかった。」という声もありました。

上記に示したのは、SDGsでいうと、こんなところだと思います。


私たちは、他にも待ったなしの社会課題に取り組みます。
それは「防災」です。
もうずっと前から地震が来ると言われ続けたけれど、まだ地震は来ていない。
そして備えはバッチリではない。
この今まさに大地震がきたら、、感染対策もしながらどうやって避難生活を送ることになるのでしょう?もっと危機感をもって積極的に取り組んでいきたいと思います。

防災はSDGsでいうと、こんな感じでしょうか?

今後ともSDGsみえプラスの活動に目が離せませんね!(自分で言いました(笑))

SDGsより前からSDGs!?

先日、鈴鹿市の市議会議員の山中さんから、服部さんをご紹介いただき、zoomでごくごくわずかな時間でしたがお話をさせていただきました。

服部さんはSDGsができる前から、持続可能な社会作りに向けて活動されていらっしゃる方でして、活動を始めて一年程の私たちからすると大先輩でいらっしゃいます。

ところで・・・

そろそろ?お気づきだと思いますが、SDGsって一筋縄では行かないんですよね。
ざっくり言うと、ビニール袋問題。
ビニール袋を使うのを減らしたら環境は本当に良くなるのでしょうか?
ビニール袋をスーパーに卸していた会社はどうなる?
ビニール袋の代わりにエコバッグが販売され、それが必要以上に生産されてゴミになったら環境に良くないのでは?
プラスチックの他の製品は何で規制されないの?
など、私は思うわけです。
これらに関してのいろんな話があることは私も調べていますが、ここでは省略します。

そういう(いや、もっとさまざまな困難な事例)ことを目の当たりにしてこられた服部さんからのお話はとても興味深くて、時間があっという間に過ぎていきました。

これから何か一緒に活動していけると嬉しいですが、まずは新型コロナウイルスの収束に私ができる範囲で協力していきたいです。

服部さん、山中さん、ありがとうございました!

証券会社で女性トップが相次ぐ その理由

証券会社で女性トップが相次ぐ その理由

アメリカ大手運用会社ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは、女性候補のいない役員選任議案に反対する方針を表明しており、2021年から日本市場でも同様の措置をとる。議決権行使助言のアメリカ企業グラスルイスも2020年から東証上場企業を対象に、女性の役員候補がいない場合は社長や会長の選任議案に反対するよう推奨する。

中日新聞より

簡単に言うとですね

「会社のえらい人の中に女性を入れる意志がないと会社は良くても、社会的に確実によくない」

ってことです。

さらに、同性婚に関しても各企業の取り組みが進み出しています。いいぞいいぞ!!

社会を変えるスピードを上げるため、企業の後押しが必要

Business for Marriage Equality HPより

Business for Marriage Equality HPより

同性婚は世界でみると、もはやスタンダードなんですね。

性別による不平等があったり、多様性に対応できない会社は、売り上げが良くても世界で支持されない。株式市場で評価が低くなる。株を買ってもらえない。経済市場が発展していかない。もちろん、商品を買う人たちにとっても、企業で働く人にとっても多様性に対応している企業で働きたいし買いたい。

めっちゃ日本頑張り始めたやーんと思うかもしれませんが、めっちゃ遅れているというか取り残されているらしいです。

世界では近年急速にLGBTに関する法整備が進んでいます。現時点で29の国・地域で婚姻の平等が制度化されており、G7の中で同性カップルのパートナーシップが国レベルで法的に保障されていないのは既に日本のみです。今年発表されたOECDの報告書でも、LGBTに関する法制度の整備は35カ国中34位にランキングされています。日本は、この分野の法整備で世界に取り残されている状況です。

Business for Marriage Equality HPより

ですから、ここから何とか世界基準に近づいて欲しいものです。

これは今生きている私たち大人世代のためではなく、子どもたちやまだ生まれて生きていない次の世代のためです。と、同時にこうやってブログにすることで私自身のジェンダー平等をアピールするためでもあります。女性・男性で縛られ、生きづらい時代は早く終わらせたい。私は強く思います。日本ではSDGsは環境や教育や経営の分野で話されることが多いですが、みえプラスは私(ブログ担当なるかわ)がジェンダー 平等に意識が強すぎるため、ジェンダーの話が多めです。これからもジェンダーに関する取り組みを色んな視点から考えていきます。

今回はジェンダーと株式市場の話が繋がって、ダブル?トリプル?で、私が個人的に興味深いと思い記事にしました。日本はこの多様性の社会を拒否することはできません。日本のえらい人たちとは違う一般ピープル的な視点でブログをしたためていきたいと思います。

貝沼内科さんが小児科もスタート!

先日、四日市市泊にある貝沼内科の貝沼先生からSDGsのことを聞きたいとご連絡をくださいまして、お伺いしてきました。

貝沼先生です。病院ナビよりhttps://byoinnavi.jp/clinic/86912

三重病院と厚生労働省でご活躍され、いよいよ四日市でお父様の貝沼内科を継がれます。

なぜみえプラスをご存知なのかと伺ったところ
「SDGs みえ」で検索したらみえプラスが出てきて
ブログがあり、三重で活躍しているSDGsに関連する話題が書かれていたから
とのことで、ブログ担当の生川はうれしゅうございました。

貝沼先生が今後新しくご自身の医院でされることは今は全部まだ言えないけど

・病児保育(2021年4月からの予定)
・糖尿病やアレルギーのあるお子さんの対応
・栄養指導
・予防接種
・オンライン診療

だそうです。四日市ももれなく子どもたちが減っているなか、相談できる小児科が増えることは嬉しいです。ではここで、今回のゴールは何でしょう?こんな感じだと思います。

病児保育においては、四日市では4箇所目です。
貝沼先生の4箇所目の病児保育ができるよと友人たちに話したところ
「もっと早くできてほしかったよぉぉぉぉ」
と、こぞってみんな叫ぶのでした。
以下、四日市Plusという広報からです。このページはこちらをクリックしたら見れます。

まだ広報には掲載されていませんが、下記の病児保育に加えて貝沼内科さんが来年度からスタートされます。

とはいえ、私の別の友人は来年度の保育園入園は難しそうという話をします。四日市市は中学卒業まで子どもの医療費窓口負担ゼロになり、それはそれで本当にありがたいのですが、親はありがたいということで、子どもたちがもっとのびのびと生きられる社会からは遠いように思います。四日市だけのことじゃないんですけどね。

SDGsは幅広すぎて、何でもSDGsなんです。
だからSDGs視点から「ああなったらいいのに」「ああしてほしい」という願望を持ちすぎると、逆に身動きが取れない感覚になることもあります。
それでは本末転倒ですので、私たちは日々話し合い、堀・古市・生川3人がそれぞれでできること、協力し合ってできること、他の団体の方とパートナーシップを組んでできることを考えて行動していきたいと思います。

記念写真を撮りました!もうすぐこちらには新しい病院が建てられます。楽しみです!!

メモリーカフェ”日永”オンラインに参加してきました

先日、NPO法人Dサポートさん主催のメモリーカフェ”日永”オンラインに参加させていただきました。

四日市市の三原クリニック医院長でいらっしゃる三原先生が活動されているメモリーカフェ。先日はその様子をブログにしましたが、今回は私なるかわが実際に参加させていただきました。

SDGsのゴールだと、この4つかな?と思いましたよ。

今回は会場が6箇所でした。
それぞれの会場に、認知症の方とそのご家族がいらっしゃって、その会場でお話する時間もあったり、6会場全体でお話をしたり「回想法」を使ってお話もしました。

実は私、出産前にほんの少しだけ特養や、介護ヘルパーとして仕事していたこともあり、認知症の方と接することが全くなかったわけではありません。しかし最近は認知症の方と接する機会が少なかったため、ちょっとドキドキしていました。

私は日本ケアシステムさんの建物4階の会議室で参加させていただきました。

準備に大忙しの三原先生

回想法という手法をご存知ですか?

テーマは夏の思い出でした!

テーブルでご一緒させていただいた皆さんが順番に夏の思い出を発表して、それについてお話をしていきます。私のグループでは、農業をされていた男性が

「子どもの頃は、学区と学区でケンカをした。赤堀と日永で川を挟んで石を投げてケンカをした。」

と言うはなしで、みんなで爆笑しました。

また、夏とは関係ないけど、いろんなお話をしていくと

「小学校の同級生の孫同士が結婚をして、同級生と親戚になった」

というお話も伺いました。

認知症状がある方も、夏の思い出というテーマから様々のことを思い出されて、とても楽しい時間になりました。
私の横にはそのご家族が座っていらして、普段の様子を教えていただきました。

こちらのカフェは、集まってお話するだけではなく、防災も意識されていらっしゃいます。
近所に住む方達がメモリーカフェに定期的に集まっておくことで、災害が起こった時に協力し合えるというのもとても大切なことですね。


そしてオンラインの良さが発揮されていました!
会場の一つが伊勢だったのです。
これはオンラインならではですね。
どんどん広がっていただきたい。
老若男女問わず、そして地元の企業や学校とも繋がっていただきたいと思いました。

持続可能な社会(希望を持って行動できる社会)に向けて、みんなができることを少しずつやっていく。それが本当に大切だと思います。

この度は、三原先生お誘いいただきありがとうございました!

三原クリニックさんのHPはこちら

三原クリニック連携型認知症疾患医療センターさんのホームページはこちら