カテゴリー: akane

牛と温暖化

私がSDGsに関心を持ち始めて間もなくの頃、それは3年前の2019年の夏でした。

私はその時、家畜が環境破壊をしていることを知りました。

牛のげっぷやおならから、二酸化炭素の何十倍も温室効果のあるメタンガスが出ていること。
げっぷやおならなら大した量じゃないでしょう~と思ったけど、それが塵積って山となって、ものすごい量が世界中で毎日出ていること。
さらに、牛(豚も含む)用の餌を作るために、森林が破壊されていること。

を知ったのでした。
その時の衝撃たるや・・・。

といっても、お肉を食べることは止められない。
おいしいし、栄養になるし。
せめて残さず食べよう!と今までもブログにしてきたのですが、最新情報です!

最新情報①

「牛のげっぷを可視化
温暖化促すメタンを減らせ」

日経新聞2022年8月9日 IN FOCUS環境アップデートより引用

以下から記事の詳細が見られます。動画もあります。
https://www.nikkei.com/telling/DGXZTS00001680U20C2000000/

つまり、牛さんから発せられるげっぷを減らせる餌を開発しているということです。
これでメタンガスのげっぷ問題は課題解決に近づいてきていますが、もう一つのエサ問題があります。

最新情報②

「タイで昆虫由来の動物飼料を開発する動きが広がっている。原料となる昆虫が豊富なことや参入障壁の低さが要因だ。昆虫は高たんぱくで生産にかかる環境負荷も比較的少ない。環境への配慮が求められる畜産農家らの需要取り込みを狙う一方、従来の飼料より割高な生産コストの低減が普及のカギを握る。」

日経新聞2022年8月9日の記事より引用
ネットでは記事が途中まで無料で読めます
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGS089FK0Y2A800C2000000/

人間も昆虫を食べる時代がくる、、、というかもう来ています。
牛さんのエサになっても何ら不思議ではありません。
家畜用の畑が減ることで環境破壊を止めることができます。

世の中には、知らないだけでたくさんの研究が日々行われていますね。

これからも、ほほう~!世界は変化し続けているのか~!というお話をしていきますね。

デートDVを勉強しています

活動報告です。現在、私たちはデートDVの勉強をしています。

こちらに参加中です

三重県内から20名ほどが参加して、座学もグループワークもしています。参加者の皆さんは関心があり参加している方がほとんどなので、休憩中もグループワークでも色んな話ができて有意義です。

でも、普段の生活で「私デートDVの講座受けてます」と言っても、

デートDVってなに?

とも聞かれることもなく!

その会話がまるでなかったかのようにスルーされるので、あまり話してません。(スルーするのは、単語の意味が分からないからスルーなのか?そういう話はタブーだかはスルーなのか不明)

この講座を受けた人は、学校などで講座ができるようになります!!なので、今後私たちの講座のメニューが増えるかもしれません。その時はブログでご案内したいと思います。

ガールズリーダーシッププログラム コネクトシスターズ

今日はガールズリーダーシッププログラム コネクトシスターズ という取り組みをご紹介します。

まず、コネクトシスターズとはなんだ??という説明をしますね。コネクトシスターズは団体名及び6歳以上の女性(性自認)対象のプログラム名です。オンラインで定期的に開催されています。私の娘にも参加してもらいました!!

コネクトシスターズのホームページ

https://www.connectsisters.com/

日本の社会で女性がリーダーシップを取る、、という以前に今はまだまだ女性が政治や企業で発言すら少ないです。女性がバイアス(思い込みのこと。例えば女性は家事ができないといけないとか)に縛られることなく、自分で考え、自分の意思で行動できるようになるためのプログラムです。とはいえ、実際に娘が受けたので私は参加しておらず具体的なことは言えないのですが、ざっくりと説明すると多分こんな感じです。詳しくはホームページをご覧ください。

そもそも私自身がSDGsに興味を持ち、取り組もうと思ったのは、ゴール5のジェンダー平等を達成しよう があったからです。性別で不平等が起こる時代は終わらせたいと思い、これまで微力ながらでも活動してきました。そんななか、世界も日本もジェンダー平等を達成するために様々な活動がされており、情報を集めている中でこのコネクトシスターズを知りました。

プログラムのなかでは、ビジネスプランを考えるというものがあり、私が子どもの時考えてみたかったなぁ!と思ったりしました。

「どう議論を進めていくか?どう議論をまとめていくか?対峙する意見にどう妥協点を見つけていくか?発言しない人(声にならない声 それはつまり弱い立場にいる人の声)の声をどうやってひろうのか?」これは、大人になった今もどうしたらいいか、私も頭を悩ませる事が度々あります。得意不得意はあるとはいえ、やはり若いうちから経験しておくことは大切だと思います。そして、これを学んだり体験することは性別関係ないですが、なぜコネクトシスターズは女性が対象なのかは、ホームページをゴールください。

10年後は「ガールズ」リーダーシップ という言葉が無くなっているといいな。と切に思います。性別問わず、活躍できる社会になるよう、ほんのわずかでも活動していきたいと思います!

投稿者 なるかわ

6Gとテラヘルツ波

今日の記事はこちら!

6Gについてです。

今皆さんのお家は何Gですか?私の自宅は4Gです。なかなか5Gになりません……。ですが、今回は6Gの話です。バリ3って言ってた頃が懐かしい笑

2022年8月7日の日経新聞記事です

6Gはテラヘルツ波と呼ばれる周波数帯を使う通信電波のことのようです(ざっくり説明ですみません)。もうめちゃくちゃ速いってことですね。技師開発するにも、速すぎて今使っている機器などに影響があって開発もまだままならないらしい。そこを何とかやってみよう!と動き出したというのが記事のざっくりとした説明です。

電話線からパソコンにケーブル繋いでADSLとかやってた頃の人間としては、もうえらいこっちゃ!!訳わかんないんだよ!!!って文句なのか感嘆なのかを口にしながら逃げたくなりますが、SDGsのゴールの年2030年頃にはかなり6Gが生活に近づいていることでしょう。

6Gになると、ネット検索ももっと速くなるし、ゲームも更に変化をしていくことでしょう。VRの世界もさらに近づいてくるのかな…?あとは、医療でいえば遠隔で手術ができるようになるかも!という感じみたいです。

そんな電波がバンバン人体にあたるとすれば、体に影響はないか、気になるところもあります。これからも引き続き調べていこうと思います。

投稿者 生川

空気を液体にして電力を作る???

いつまで続くか分かりませんが、日々生活する中で私、なるかわが気になったSDGsに関する記事をご紹介していきます。

ウェブ版は以下から途中まで無料で読めます。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO63191990U2A800C2TEC000

「空気を液体にし、発電時には気体に戻る勢いでタービンを回す初の施設を2024年内に実用化する。設備の寿命が長く、費用が蓄電池より最大6割減る」

2022年8月5日「再エネ蓄電を低コストに 住友重機出資の英新興など実用化へ、空気や重力使い半減」より引用

空気は空気でしょう?液体になるの???え???
となった記事でした。
世界にはこんなことを考える人たちがいるんですね!

こういった新しい(私が今日知っただけで新しくないのかもしれないけど)技術により、もう本当にやめて欲しい物価の値上げがおさまったり、私たちが安心して暮らせる世界がくるかもしれません。今みなさんは安心して暮らしていますか?私は安心して暮らせていません。学べば学ぶほど環境だけでなく戦争や経済的にもたくさん心配なことがたくさん出てきます。SDGsって意味があるのかな?と立ち止まることもあります。立ち止まったところで状況が良くなる訳でもないので、日々学び、考え、時に対話し、未来の人たちが今より生きやすくなるように少しでも何かできたらと思っています。
全然関係ないのかあるのか分からないけど、小沢健二さんの「流動体について」という曲の歌詞の中に『神の手の中にあるのなら その時々にできることは 宇宙の中でよいことを決意するくらいだろう』というものがあります。何となく最近の私のお守りのようなものになっています。私は小沢健二さんのファンです。毎日小沢さんの曲を聴いて生きています。

話を戻しますと、再生可能エネルギーってなに?
とSDGsの講座では話すことがあります。
再生可能エネルギーについて、東京電力さんのサイトが分かりやすかったのでリンクをつけておきますね。
https://www.kepco.co.jp/siteinfo/faq/new_energy/9098953_10603.html

最近アウトプットすることがめっきり減っていて、文章も全然書いていませんでしたの今までよりさらに読みづらい文章になってるかもしれませんが、だんたん上手になっていくと思うので、今後もお楽しみに!

投稿者 なるかわ

小学生とSDGs その1

今年もよろしくお願いします!

ものすごく遅くなってしまったんですけど、新年に相応しい希望を感じる記事を2回連続でご紹介します。

今日は関西方面に住む、やまとくんのお話です。
やまとくんは夏休みの自由研究でSDGsを選び、勉強されたそうです。
やまとくんのお母さんと私がお友達のため、zoomでやまとくん・やまとくんのお母さん・私の3人でお話しさせていただきました。
まず、zoomの前に送っていただいた写真です。
正直、おののきました・・・めちゃくちゃ勉強している・・・・!
私は何を話せばいいのだろう。と思いました

疑問をピックアップしていただいて、それを元にお話をさせてもらいました。

SDGsを大人は斜に構えて見る人が多いですが、子どもたちは切実な問題として真正面から向き合って自分の事として捉えていました。小学生の子どもたちはこれから80年位生きる(人生100年時代!)わけですから、世界の様々な問題について真剣に取り組みますよね。やまと君とお話しさせていただいた私も心機一転しました!

やまとくん、マキさん、ありがとうございました!!
またぜひお話ししましょう〜^^

お子さん、または大人の方も、SDGsについて話しをしたい!という方がいらっしゃいましたらお気軽にお問い合わせください。

書いた人 なるかわ

お下がり服交換会エクスチェンジ開催しました

12日日曜日に予定通り、エクスチェンジを開催しました。
同時開催した、心理士による子育て相談室もジェンダー教室も開催しました。

2時間でおよそ20名ほどの方がいらっしゃいました!
混雑することもなく、終始おだやかに時間が流れていきました。
とてもとてもありがたかったです。

お越しくださった皆様、ありがとうございました。

次回は2月20日を予定しています。

追記:2月のエクスチェンジ・心理相談室・ジェンダー教室は中止になりました。次回は5月8日に予定です。

SDGsの重要ワード”エシカル”を超簡単に説明!

今日は以前からお世話になっている、松阪市を拠点に活動されているNPO法人Mブリッジさんの事業のご紹介とともにエシカルという言葉を解説します。

SDGs界隈では「エシカル」ってよく聞くんですよ。
聞いたことない方は、これから自発的に使ってください。
持続可能という言葉は、最近はもう常套句となりつつありまして、持続可能(サステナブル)よりエシカルの方が、より「SDGsわかってます感」が出るような気がします。これはですね、”うまいことSDGsについて知ったかぶりをする常套手段”を教えているようなもので、全く持続可能ではありません。あしからず。でも意味を理解して使って行動したら持続可能なので覚えてください。

エシカルという意味は直訳で「倫理的な」といういう意味。

日本ではエシカル消費とか、エシカル商品とかって使うことが多いです。
つまり人(人権)や環境に配慮しているということ。
エシカル消費→人権や環境に配慮している買い物をすること
エシカル商品→人権や環境に配慮して作られている商品
ということになります。

そこで!
今回はそのエシカルな視点を学べるオンライン講座がありますよ〜!
というご案内です。

「親子向けオンラインワークショップ エシカルな視点から見る お店に商品が運ばれるまで」

〈日時〉

2021年11月14日(日)10:00-12:00

〈対象年齢〉

小学4・5・6年生と保護者

※対象年齢ではないけれども参加をご希望される方は、事務局までお問い合わせください。


〈開催方法〉

Zoomを活用したオンライン開催

※お申込いただいた方に開催2日前までに参加用URLをメールでお伝えします。

※ご参加にあたりZoom(5.3.0以上)のダウンロードまたは更新をお願いします。


〈参加費〉

無料


〈定員〉

10組ほど

〈講師〉

松尾 沙織 氏

ライター/ファシリテーター

1984年 東京都武蔵野市生まれ。2011年の震災をきっかけに、当時の働き方や社会の持続可能性に疑問を持ち、「ソーシャルデザイン」をコンセプトにしたメディアのライターインターンに応募、同団体の編集学校を卒業。現在はフリーのライターとして、さまざまなメディアで「SDGs」や「サステナビリティ」を紹介する記事を執筆。他、登壇やSDGs講座コーディネート、勉強会を主催。


〈主催/お問合わせ先〉

NPO法人Mブリッジ(担当:中川・安原) 

miethical.m@gmail.com

*この事業は、独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金より助成金をいただき実施しています *

詳細はこちらをクリックしてね。

Mブリッジさんのことはこちらからご覧ください。
(Mブリッジの米山さんにはSDGsみえプラスはとてもお世話になっております!いつもありがとうございます^^)

四日市市内保育園でジェンダー平等教室を開催

四日市市内保育園でジェンダー平等教室を開催

私は四日市市男女共同参画センターはもりあさんで男女平等教育指導者要請講座を2年前の3月に受けました。

そしてその後、市内の有志の団体である「はあぐ」という団体に所属させていただき、市内の保育園から中学校まで出前授業に行かせてもらっています。先日は保育園に行きました。

保育園のお子さんには、女の子も男の子も既に身についているジェンダーバイアス(女の子はピンクが好き/野球は男の子のするスポーツなどの偏見)に気づいてもらい、どんな感情を持つあなたも素敵ですよとお伝えしています。

中学校では、デートDVの話をしたりするそうですが、その講座はまだ私は未体験です。

毎回楽しくて、学びになります。小さな子どもさんたちもすでに偏見を持っていて、育つ環境は変えられないけれど教育の大切さを感じます。特に人権問題は『なかったこと』にされがちです。少しずつでも、市内の子どもたちがジェンダーや人権に興味を持ってくれるといいなと思います。

また、これははあぐとは違う場所での話ですが、最近はLGBTQにSを足してもいいのでは?という話も出てきていると聞きました。Sはストレート(異性愛者)の事です。これが意味していること伝わりますか?ぜひ考えてみてくださいね。

ブログを再開します!

日々、SDGsに関する情報を集めているのになかなかブログにまで辿り着けずおりましたが、再開します!

今日は選挙ですね。
今夜から日本が大きく変わるか、変わらないか・・・
気になります。

コロナ禍で大きな変化がたくさんありました。
みんなの意識も上がって、日本がよりよく変わっていってほしいです。

ブログは隔日で更新予定です。

環境・人権などなるかわが興味を持ったアレコレをお伝えしていきます。

基本的に情報源は日経新聞になります。
おたのしみに!

Photo by Jou00e3o Jesus on Pexels.com