投稿者: SDGsみえ+

ジェンダー視点で考える避難所作り勉強会を開催します

こんばんは。
7月4日にオンラインでジェンダー視点で考える避難所作り勉強会を開催します。
参加は無料です。

あなたが女性、もしくは性別が明確でない方でしたら、避難所でどう過ごしますか?
小さい子どもさんや介護者の方をみながらの避難所生活で、生理や更年期障害、貧血などあなた自身にも心身ともに負荷がかかってしまったら、どうなるでしょう?
その時、周りの人(男性)は何ができるのでしょう?

そもそもジェンダーとは?という方にもわかりやすく浅野先生がお話ししてくださいます。
ぜひご参加ください。

参加希望の方はSDGsみえプラスへメール、またはこちらからお申し込みをお願いします。
zoomのアカウントをお伝えいたします。

海星高校さんで講座を行ってきました

先日、学校法人エスコラピオス学園海星高等学校さんにてSDGsの講座を開催いたしました。
私たちにとっては、男子校故にどうしても入学することができなかった海星高校さんも、今年度から共学になられました。

私と堀が講師になり、2人で合計4教室でお話しいたしました。

このコロナ禍においてソーシャルディスタンスを保ちながらの授業ということで、先生方が教室の配置をご検討くださいました。私は体育館でもお話しさせていただきました。

海星高校さんは、すでにSDGsについて授業で取り組んでいらっしゃいまして、基本的なことは生徒さんもご存知でした。そこからさらに一歩踏み込んでSDGsを考えるために、四日市とSDGsを結びつけて「じぶんのこと」として捉えられるような授業をいたしました。たまに生徒さんに答えていただく中で、爆笑が起こったり、ざわめいたり、感嘆の声が聞こえたり、とても楽しかったです。ライブって感じで、今思い出してもとても楽しかったと思い出されます。

講座終了後にお答えいただいたアンケートによりますと、、、
食べ残しを減らそうと思う。というのがダントツでした。
たくさんの社会課題があるなかで、自分たちができることは「食べ物を残さないこと」。
それはとてもシンプルな答えであり、その日から実現できる事であり、しかも難しくない。
大人になるとSDGsを考えるとESG投資とか様々な難しいことが話にあがりますが、今回は改めてとても大切な視点を生徒さんから教えていただきました。
私もなるべく冷蔵庫の中の食品を悪くさせないぞ!
と、改めて思っています。

ちなみに、堀は”バクテリアdeキエーロ”という消滅型生ごみ処理器を自宅で使っています。
詳しくは、四日市市のお片付けコーチ福島さんのブログをご覧ください。

そして私たちは初めて!!追分鳥居のところのお水を飲みました!

最後になりますが、SDGsは様々な視点で学ぶことができますし、しかもその情報は日々刻々と変化していきます。

昨日正しかったことが、今日はそうでもない。その逆もまたあります。

「やっぱもう地球、色々無理なのでは?」って思う時もないとは言えません。

だけど、希望を持って行動することを私はまだまだ諦めないです。

今高校生である彼らが、私の歳になる頃にはきっともっと便利で生きやすくなっているはず。
そう信じて、そのために私たちができる限りのことをしていきたいと思います。

この度は海星高校の皆様、教育と探求社のみなさまのご尽力により開催することができました。
これからもどうぞよろしくお願いします。
そして、ありがとうございました!


好奇心を喜ばせるSDGs

日経新聞をスクラップし始めて2ヶ月経ちました。
2ヶ月でちょうどノート1冊分スクラップしました!
(別に自慢することでも何でもないのですが)

忙しくて3日分まとめて一気読みした時もありました。
切り抜く気力がなくて流し読みした時もありました。
めっちゃ仕事で役立った時もありましたし、仕事中のちょっとした雑談に取り入れた時もありました。

日経を読むことは、私には栄養補給に近いと思います。
サプリメントはビタミンなどの栄養を体に取り入れて健康を維持してくれますが、日経は情報を自分の中に取り入れることで私の好奇心が満たされ、心が安定します。大袈裟に言ってますが、結構言い当て妙。


私は好奇心が旺盛で、気を散漫しながら生きてきました。ともかく落ち着きがないんです(苦笑)
それを見事に強みに変えられるのがSDGsであり日経新聞です。
経済・産業・AI・福祉・健康・ジェンダー・教育・環境etc…どれも興味深く、刻一刻と変わっていく社会情勢を様々な視点から読めてこうやって記事にして、それがさらに仕事になっていく。とても楽しいです。楽しい記事じゃない時もたくさんありますが。それとこれの楽しさの種類が違いますね。

SDGsを怪しいものとか、不要なものとか、単なるビジネスでしょ?って思う人もいるでしょう。
そう思うよね〜私も最初はそう思った。わかる!と思いますが、もうSDGsを無視して生きていくことはできないです。
SDGsというものの、実際は大きくざっくり言うと「人権問題」「環境問題」がメインだと私は思っています。
今の私から申し上げるならば、SDGsを理解しないで否定して社会活動・経済活動を行うことの方が滑稽ですし、それはいつか破綻します。破綻するように社会が急速に常に進行形で変わっていっています。

日経を読みながら私はひとつビジネスプランを考えていましたが、今日の日経新聞にそのビジネスプランを実際に事業にしている会社を発見して自分が第一人者になれなかったことと、私の見立てはそこまで間違ってなかったんだなと2つの事を思いました。

ということで、私の最近の好きなキーワードはイニシアチブです。

今日は、とあるSDGsの活動をされている方にとあるお願いでメールをお送りさせてもらいました。
またご紹介させていただきます。

投稿者 なるかわ

【ミキサー食教室を開催しました!】

新型コロナウイルスの蔓延防止措置のため、県内外あちこちでイベントが中止されている中、このミキサー食教室もオンラインでのみ開催することとなりました。
やはり、リアルで開催して実際にみなさんに目の前で見ていただいた方が、とろみ具合など伝わるとは思うのですが、オンラインでもできる限りのことをしました。

ズームを使い、スマホにパソコンに…同じ部屋で使うとハウリングを起こしたりなど設定も簡単ではありませんでしたがなんとか、みなさんに大きなトラブルなく見ていただけてホッとしています😊

私が見た時は19名の方が参加してくださっていました。
お口から食べても、胃ろうでも『あの時食べた〇〇がもう一度食べたい!味わいたい!』そんな気持ちを満たしてくれるミキサー食。チーズバーガーのお話は、とても心にじんとくるものがありました😊

参加いただいた方々には、限定公開でYouTubeで再度動画をご確認いただきました。
ミキサー食教室はまだまだスタートしたばかり。
これからも、みなさまよろしくお願い致します✨
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました😊

投稿者 堀

ささえあいのまち創造基金公開プレゼンテーションでした

ささえあいのまち創造基金公開プレゼンテーションでした

先日、一般財団法人ささえあいのまち創造基金という財団法人の公開プレゼンテーションに参加いたしました。コロナ禍なので、オンラインでした。私も自宅から参加しました。


SDGsみえプラスは「ジェンダー視点で考える災害と防災」をテーマにプレゼンをしました。

10分のプレゼント10分の質疑応答・・・
緊張しました!

そして結果は・・・

3位!そして分配金20万円をいただきました。

と言うことで、ジェンダー視点で考える災害と防災の勉強会を開催いたします。

詳細は後日ご案内いたします。
プレゼンの資料を掲載しておきますので興味がある方ご覧ください。

参加されたみなさんの活動もすべてSDGsに繋がっていましたし、とても勉強になりました。

ありがとうございました!がんばります!!

続・ミキサー食教室の準備頑張ってます

先日は、ミキサー食教室の先生をしてくださる、奥村さんの撮影をしてきました😊

撮影をしておけば、あとで参加された方々が復習できます👍(当日撮影するのはアクシデントが起こるかもしれないので、念のため事前に撮影しました)
話には聞いていても、実際に作るところを見るのは大違い!やはり『百聞は一見にしかず』目の前でご飯や唐揚げまでもがトロトロ〜になるんです!すごいなぁ、これって愛だなぁって思いました🥰

ミキサー食教室は5/9 日曜日に開催です☺️参加費は無料なので、ぜひオンラインでお気軽にご参加ください!(現地はそろそろ定員間近です!)

四日市市内の4箇所目の病児保育「シェルーム」

先日、泊にある貝沼内科小児科さんへ伺ってきました!
その日はもうめちゃくちゃ雨が降っていて外観の写真を撮るのは諦めました。
写真や医院の詳細は貝沼内科小児科さんのホームページをご覧くださいね。

貝沼先生は、SDGsに関心を持っていらっしゃって、以前記事に致しました
その時はまだ建設中だった医院もめでたくご開院されました。

受付にはSDGsの木製プレートが。そしてカードも使える病院、ありがたいです。


貝沼内科小児科さんの2階には ひなが病児保育室「シェルーム」があります。

全方向素敵で写真が全然間に合わなかった・・・動画で録ればよかったと後悔しています。

案内してくださる貝沼先生とミキサー食で講師をされるひかり先生

四日市には病児保育が4箇所あります。

病児保育室は、病気療養中で、保育園・小学校などの集団生活に不安がある子どもを、一時的に預かる施設です。

四日市市ホームページ 四日市市内の病児保育についてより

下野地区に、しもの病児保育室「ひばりルーム」
中部地区に、四日市病児保育室「カンガルーム」
桜花台に、桜花台病児保育室「チェリーケア」
そして泊に、ひなが病児保育室「シェルーム」

私の子どもが小さかった頃はカンガルームしかなかったけれど、この10年で病児保育室がこんなに増えて嬉しいです。安心ですね。

SDGs的に考えると以下になると思います。


ひなが病児保育室「シェルーム」の最新の利用情報についてはこちらをご覧ください。

ひなが病児保育室「シェルーム」のラインアカウントもあります

ID検索は k0612shellroom で検索してみてくださいね。

四日市市のホームページの病児保育室の案内ページはこちらからご覧ください。

ミキサー食と同様、必要な方に情報が届けば嬉しいです。

貝沼先生、お忙しいなかお時間をいただきましてありがとうございました。

ミキサー食教室の準備頑張ってます

こんにちは!SDGsみえプラスの堀です。

今日は、以前より告知しているミキサー食講座の動画を撮影しました🎞(ミキサー食とは、病気や障害などで噛む力や飲み込む力が弱い方のために、ミキサーを使って料理を食べやすくした食事のことです)

ふかつ歯科のひかり先生に講義をお願いし、飲み込むということはどういうことか?などなど、医療的な動画も織り込みながらわかりやすく解説していただきました✨
今まで、「飲み込む」ということに対して全く無知で、むしろ「当たり前」と思っていた私にとっては衝撃の連続!特に、舌がどんな役割をしているのか、舌が半分ないと、食べ物はどうなるのか、という解説はビックリでした!
第1回ミキサー食講座は好評をいただき、現在10名以上の方にお申し込みをいただいております✨5月9日、あさけプラザで開催です😊

脱炭素と日本と世界

世界では脱炭素化に向けての動きが強まっています。

「排出量取引」という言葉があります。

国内排出量取引制度のイメージ 出典:環境省

温暖化ガスを売買するとは、なかなか不思議な感じもしますね。
でももうヨーロッパも中国もスタートしています。日本も避けられないでしょう。

ということで、火力発電は温暖化ガスを出します。
今年度は大型火力発電5基分に相当する、495万キロワット分が、休廃止されます。
電力供給不足が起こる可能性があります。
とても気がかりです。


とはいえ、こんな発電も世界各国が協力して研究開発されています。

燃料1グラムから石油8トン分のエネルギーを取り出せて安全で二酸化炭素も排出しない――。夢の発電といわれる核融合発電
詳しくはこちらをご覧ください。https://www.nikkei.com/article/DGKKZO7057101001042021TJN000/?unlock=1

記事を読んでも何を言ってるのかわからないところはありますが、これが2025年運転開始。つまりあと4年。やはり2030年までが大きな転換期となりそうです。

今後も環境問題の最新情報をシェアしていきたいと思います。

投稿 なるかわ

ジェンダーギャップ指数120位

去年は121位でした。
156カ国中です。

1位あがりましたね!パチパチ!!
この1年間、ジェンダー に関して多くの声があがり活動が生まれ、1位上がりました。

多少なりとも、ジェンダーの活動をしている者としては、気が遠くなる気持ちすらします。
それでも上がって嬉しいです。


先日、大学時代のバイト先の店長と電話で話しました。
店長は私の7つ上で、男性です。
今は正式な役職はわからないけど、新宿でなかなかの役職でお仕事をしています。

私がジェンダーに力を入れていると伝えたら
「めちゃくちゃ興味ある。ハラスメント関係で職場で相談を受けることが多々ある。」
と言うので、話をしました。

話したところ「ジェンダーって身近な問題じゃん」って言うので、ずっこけました。
ジェンダーに関心がある人でも、他人事な感じがショックでしたが、彼にも私にもこの感覚はとても大切です。また、「男性・女性とかじゃなくてさ、人として尊重しあえるのがいいと思うんだよね」と言うので「そりゃそうですよ。でもまず土俵が違いますから。女性だから入試で減点され、お給料は安い。この状況で人として尊重する/しないのレベルの話はできないですよ。」と言う話をしたら「刺さったわ・・・」と言われました。そうか、刺さるのか・・・私の感覚とだいぶちがうな。など思いました。これらのやり取りで彼が不勉強だとか悪いとか思いません。むしろ・・・

なんやかんや言いながら、私はとても嬉しいのです。
男性もジェンダーに関心をもっていることを表明して、知ろうと耳を傾けてくれる時代が来たことが嬉しい。今まではそんなの言われなかったし、男が女を守るものだ。とか、少しのセクハラくらい愛嬌でなんとかしろっていう時代だったから。同時に私も「ジェンダーに興味があって、活動している」と言いやすくなってきました。嬉しいです。来年のジェンダー ギャップ指数は何位かな?下がらないように頑張っていきたいです。なお、下がるのは日本のジェンダー不平等が増えると言うことではなく、他の国がどんどん頑張るので追い越されている感じですね。温暖化もジェンダー問題も「現状維持では足りない」のです。だからといって、諦めたりすることなく、できることをコツコツとやるのみです。

次はひさしぶりに環境の話をしたいと思います!
お楽しみに。

投稿者なるかわ