おすすめ

【チョコの食べ比べあり!無料】2/2「みんなが知らないチョコレートと環境のおはなし」開催します!

今日はお知らせです!
2月といえばバレンタイン!バレンタインといえばチョコレート!!ですね。

皆さんはバレンタインデーにチョコレートをプレゼントしますか?交換会しますか?チョコレートもらいますか?そもそもチョコレート好きですか?さらに、チョコレートってどうやって生産されているか知っていますか?(急に質問攻め)

SDGs目線でチョコレートを見ると、お店に並んでるチョコレートがチョコっと(ココ笑うところです)違ってみえてくるかも!?という事で・・・

チョコレート×SDGsイベント開催します!

「みんなが知らないチョコレートと環境のおはなし」

日時:2019年2月2日(日曜日)13時半〜15時半

場所:じばさん三重 2階(四日市公害と環境未来館活動室

定員:20人(小学校高学年以上が対象です)

参加費:無料です。持ち物はありません。

その他:要予約です。ご予約・問い合わせ先はSDGsよっかいち ナルカワ電話 09060894090 または メール sdgs.yokkaichi@gmail.com へ参加される方のお名前と年齢をお知らせください。追ってお返事させていただきます。

こちらが、イベントの詳細です。読んでみてね。

小学生高学年から大人の方まで、皆さん無料でご参加いただけます。
しかも、市販されているチョコレートと、フェアトレードのチョコレートなど、チョコレートの食べ比べもします!!!私たちも実際に食べ比べしてみました。おいしくて楽しくて、発見があります!ゲーム感覚で、みんなが知らないチョコレートと環境のおはなしに参加してみませんか?

実際にこの種類のチョコレートを食べるかは決まってません。お楽しみに!

3/29 カードで楽しく学ぶ SDGs×環境 for ジュニア 開催します

私たちは、こどもたちにこそ!SDGsを知ってもらいたいと、ずっと思っています。

SDGsを知って

自分は何がしたいか、何ができるか

選んでいく力

を、身につけて欲しい。

身の回りで起きてることだけじゃなく

世界で起きてる事も知って

一人の地球人として

自分は何ができるか、どうしたいか

考える力

があると知ってほしい。

まぁちょっとカッコ良く言ったけど

カッコ良くなってほしいもん!!

それは見た目じゃなくてね、、伝わりますよね?

ということで、念願のお子さん向け講座始めます!

中学入試にもSDGsが問題として出されるという事で、受験を考えている方にはぜひ来てもらいたい内容です。でも、小学生以上のお子さんはどなたでもウェルカム!!!!

もうこれをスクショしちゃおう♡
これもスクショしちゃおう!

開催日 2020年3月26日(水)

時間 10時から12時

場所 〒510-0086 三重県四日市市諏訪栄町18−6 バーススペース2階セミナールーム
https://goo.gl/maps/ryGferHZcXtS4wgD7

参加費 無料

定員 10名

対象 小学生以上(4年生以下は保護者の同伴が必要)

事前申し込みが必要です。

お申し込みは、お申し込みフォームへお進みください。

https://docs.google.com/forms/d/1cKGxsyH4RAyikCAXx3ithakF_fcd6XmeXqyCccE1GzI/viewform?edit_requested=true

カードゲームを使います!自由な発送カモン!!

みなさんに会えるのを楽しみにしています。

お子さんは、いつも私たちの想像を超える反応があるので、楽しいです。

来たれ、若人!!!

本日のブログは雑

どうも最近、記事がマンネリ化していると感じている、なるかわです。
なるかわがいつも投稿していまして、私個人の私生活では、結構おもしろいことが起こってるのに、いざブログを書くとなるとまじめになってしまうので、まじめをやめたいと思います。だってつまらないから笑。つまらないならやめちまえって事ですよ。これは好きでやってる事で仕事といえば仕事やけど、仕事って思うようならやめたらええなって事です。楽しくNightね!(友人たちとのLINEで「〇〇しないと!」を「〇〇やるっきゃNight!」と言い換えるブームがあった)あぁ楽しくなってきた(自己満足)


先日、乃がみの食パンを生まれて初めて食べました。
いまだに意味がわからないけど、焼いたのにプルンとしていて、あれは何だったんだろう。
食パンのフリした、食パン味のプリンだったのかもしれない。


もはやSDGsとは全然関係ない事言い出したので、話を戻します。

春休みに、親子またはお子さんだけで受けられるSDGsセミナーを開催します。
定員が大人も含め10名と少ないので、お早めに。


さらに全然関係ない話に戻りますが、先日私はコケて、尾てい骨にヒビが入ったんです。
おしりが痛くて・・・なにが痛いって、トイレが痛い。踏ん張れない。踏ん張ると陣痛がきます(苦笑)
そんな中、我が家のゴミ箱からこんなものが出てきました・・・

絶対これ私やんか!
4コマ目デカすぎるやんか!!
など、思いました。

他にもですね、散々みんなにネタにされております。
ヒビが入ったのにネタにされるなんて、ひどい!って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、もうこれは笑うしかないのです。
家族もあんまり助けてくれないし(涙)、みんなには笑われるけど、ネタにしてもらえてオイシイな・・って思ってます。ちなみに、ウーマンラッシュアワーの村本さんの相方である中川パラダイスさんは、政治をネタにして村本さんが喋る事についてどう思っているのか?と聞かれて「注目されてラッキー」って思ってるらしいです。すごいな!と言う記事があるのでよかったら読んでみてください。

今日は、読んでの通り、あんまりよく考えずブログ書いてしまったので、イベント用の記事はちゃんと別記事で書こうと思います。


追伸
つい先日、結構大きなメディア系の方と話したんですけどね、SDGs 読めなかったんですよ。
ちょっと待ってよ(大黒摩季)って思いました。

世界視点でみて、日本で一番サスティナブルな企業はどこか知ってますか?

カナダのメディア・投資調査会社コーポレート・ナイツが、毎年発表している、「世界で最も持続可能な100社」のランキングが発表されました。

コーポレート・ナイツのHPより

そのうち、日本の企業は6社。

12位積水化学工業
68位に武田薬品工業
72位にコニカミノルタ
86位に花王
89位にパナソニック
92位にトヨタ自動車

だそうです。
私も曲がりなりにもSDGsを勉強していると、やっぱり積水化学工業さんのお名前はよく聞きます。SDGsが提唱される前からサスティナブルへの取り組みをされていたそうですし、積水さんでお勤めの方に聞くとやっぱり力を入れているというのが分かります。なので、納得の世界ランキング12位です。すごいですね。


ちなみに、みんなが気になる世界第一位は・・・エルステッド というデンマークのエネルギー会社です。10年前までは石炭火力発電事業だったけれど、まさにトランスフォーム(変革)して、洋上風力発電(海上で風力発電)へと転換され、その努力がデータとなって現れ、評価されているようです。(評価にはたくさんの指標(項目)があり、「なんとなく頑張ってるから一位ね!」みたいな感じではありません、私の表現方法が下手ですね、ごめんなさい。)

だから何だっていう話なんですけどね、投資もやってないし。
だけど、フムフム〜と思ったので、ランキングが出てたから今回はお伝えしてみました。


追伸
2/19の大人のためのSDGsセミナーは満員御礼なりました。
ありがとうございました。

投稿者 SDGsみえ+ なるかわ

UHA味覚糖さんもいよいよ

いつもおいしくいただいてます、UHA味覚糖さんのお菓子。

3月から特濃ミルクの飴シリーズの、パッケージ包装がビニールから紙に変わるそうです!!完全に紙ではないですが、紙に替えられる所は紙に替えたようです。

見よ!この集中線のセンスの無さ、、、、涙
飴食べたくなるー
抹茶もあるんですね

3月から店頭に並ぶとのことです。

たかがパッケージ包装

されどパッケージ包装

飴を買うなら、特濃ミルク!

という宣伝のようなブログですが

こうやって少しずつ(いや、製造側の皆さんとしては、少しどころじゃないよ!大変なんだよ!!ってツッコミがきそうですね、簡単に言ってすみません。)、世界が変わっていくんだなぁと、思っています。3月になったら、断然!特濃ミルク選びます!ちょっとした手みやげに特濃ミルク!!

こういう取り組みが色んな企業で続けば、よく私たちが突っ込まれる「SDGsって儲かるの?」という質問の答えが導き出されるのではないでしょうか。

ちなみにSDGsでいえば、飴のパッケージ包装を紙に変えることは以下の目標達成に繋がるのでは?と思います。

けれど、UHA味覚糖さんは特にSDGsについて仰ってないようです。それはSDGsをやらなきゃ!という意識なのではなく、UHA味覚糖さんが「お菓子を製造販売する企業として出来ることで、環境を守ろう」という本気の意識があるからなんだと思います。別にSDGsを声高にする必要はないんですね。

私たちも屋号を、SDGsみえ+と言って、SDGsを前面に押し出してますが、SDGsを知って「考える、選ぶ」力を自分たちもつけていきたいし、関わって下さる皆さんにも身につけていただけたらと思っています。

意外と真面目にブログを書いてしまったのでした。。

投稿者 なるかわ

おかげさまで2席増席しました。2/19 19時半〜大人のためのSDGsセミナー

件名の通り、満席です!ありがとうございます!!

なので、2席増席しました!!!

大人のためのSDGsセミナー&懇親会の詳しいご案内はこちらからご覧下さいね。

そして今日は、3人で打ち合わせ、、、、このカードは2/19の大人のためのSDGsセミナーでは使いません。ややこしい写真使ってすみません。

今日は3月のエコパートナーイベントの打ち合わせでした

おまけ

実は、古市は時々猫を肩に乗せて打ち合わせします

2/19 19時半開始21時解散!SDGs講座&懇親会

長い長いタイトルになりました。

もう19日ってすぐなのですが、、、募集スタートいたします。


大人のためのSDGs講座&親睦会

日時 2月19日水曜日 19時受付開始 19時半〜21時

場所 バース・スペース 四日市市諏訪栄町18-6 2階セミナールーム

一階が放送ブースになっているので、わかりやすいはず!

参加費 1000円

内容 SDGsは何て読む?から始まり、なぜSDGsが必要なのか?世界の視点だけでなく、三重県さらには四日市市内、もっといえば家族や友人など身近な事例を使ってSDGsを理解していただく60分です。講師は我らがSDGsみえ+講座担当の堀です。堀が60分喋り続けます!!!!
ある程度SDGsをご存知の方はご参加いただいても「もう全部分かってるよ〜〜」って思うかもしれない初級講座です。SDGsが全然分からない、でも興味めっちゃある!!という方のご参加をお待ちしております。60分のセミナーの後は、30分程度参加者の皆さんでシンプルだけど、案外難しい「あなたコレ知って三重る?」クイズをしながら、親睦を深めていただきたいと思います。

タイムスケジュールは以下の予定です。

19時 受付
19時半〜20時半 大人のためのSDGsセミナー
20時半〜21時 「あなたコレ知って三重る?」クイズをしながら親睦会
21時 終了(さっと帰って、明日のために早く寝ましょう!)

持ち物 筆記用具、名刺(ご用意がある方のみ)

特記事項 予約制となっています。2月14日までに4名のお申し込みがない場合、開催しないのでご了承ください。開催するか否かは必ずこちらから追ってご連絡しますのでご安心ください。

前回のセミナーの様子はこちらからご覧くださいね。

事前予約制です。参加ご希望の方はFacebookのイベントページで参加予定としていただくか、sdgs.yokkaichi@gmail.com へ お名前 参加人数 をご連絡ください。

どんな仕事をしていても、むしろ仕事をしていなくても、ぜひ参加していただきたいセミナーです。お早めにお申し込みいただけると心の準備ができるので嬉しいです。

みんなが知らないチョコレートと環境のお話イベント終了しました!

私たちが

地道にチョコレートを食べ比べしながら・・・

打ち合わせを繰り返しながら・・・

チラシのデザインをしながら・・・

関係各所に書類や資料を提出しながら・・・

前日まで3人とも体調や家族の事でごった返しながら・・・

迎えました、昨日!!
無事「みんなが知らないチョコレートと環境のお話」という初開催イベントは無事終了いたしました。

定員20名に対して、21名がご参加くださいました。
ありがとうございました!!!!

ちょっとだけ様子をご覧いただきますね。

いかんせん、この内容、この場所での企画は初開催でした。。
さらに、私たちの開催したイベントも実は2回目。

精一杯やっていますが、至らないところがあったと思います。
何とぞ優しい目と心で接していただけるとありがたいです。
昨日もたくさんの方に助けていただきました。

今後もさらにブラッシュアップしていきます。
本当にありがとうございました!

言い訳ですけど、レギュラーというお笑い芸人さんの漫才であるある探検隊ってあるのはご存知ですか?あのネタで松本君が「3回ぐらいでコツつかむ」と言うのがありまして、当時はお腹をよじらせて笑ったのですが、今となっては「おっしゃる通りやで、松本君!!」と強く思うのです。

何が言いたいのかと申しますと、まだまだ私たちは不慣れです。って事でした。テヘペロ(テヘペロはもう死語なのかしら・・)
それでも、立ち止まっては居られないのです。
失敗なんてなくて、何度もチャレンジして、経験していくしか、私たちには道はありません。

今後も皆さんに楽しくSDGsを身近に感じていただけるお話をお届けしていきます。
引き続き、お付き合いいただければありがたいです。

次のイベントは明日配信の次のブログでご案内します!

投稿者 なるかわ

無印良品で本と子ども服の交換ができる

四日市駅にある近鉄百貨店5階の無印良品では、おさがり交換会が開催されています。絵本と子ども服が対象です。
ご存知でしたか?
私は知りませんでした!私は自分の子どもたちが通う小学校の読み聞かせボランティアをしていまして、そこでこの取り組みがありますよ〜と教えてもらいました。ということで、早速行ってきました!

とは言え、無印良品には子ども服も絵本も販売されています。
なのに、こういう取り組みをされていらっしゃいます。
この取り組みをするのに、人件費もかかるし、販売スペースを削っているんですよね。
それはなぜなのでしょうね。(多くを語らないパターン)


そんなこんなで、実は私も昨年、富田地区でお下がり交換会をしました。
その時はSDGsのことは知っていたけど、完全に忘れてましたね笑。SDGsは自分と全然関係ないことだとすら思っていました。

みなさん、思い入れがあって捨てられない、誰かに着てもらいたい。
というお気持ちで提供してくださいました。
ジャングルジムや新品のキッズ布団もありました。

なぜお下がり交換会をしようかと思ったのかと言えば、まだ着られるお下がりのお洋服が、お下がり服がほしい人のところに回ってほしい。楽しそう。

だったからです。
他にも理由はありますが、またそれは話しますね。(もったいぶるパターン)
ちなみに春になったら富田地区で再び開催予定です!

話は変わりますが、みなさん決断しなければいけない時、すぐ決められますか?
私は即決できるタイプなんですが、最近即決することに飽きたのか、あえてじっくり考えようという性格になってきました。きっとこれは日々、持続可能(程よい生活を長く続けていこうとする)について考えているからかもしれません。ファストファッションも買うけれど、なるべく自分の肌や、服を作られる時の環境に良いものを選ぼうと思ったり、お下がりや古着を選んだり、少し高くても長く着られるものを選んだりしています的な感じです。

せっかちであることに変わりはないのですが(笑)、、

急いで結論を出さなくてもいい事は、結果が同じだとしてもちょっとあっためて考えようキャンペーンが私の中で開催されています。(なぜか太字にしてみました)

話を戻しますが
全国各地で、お下がりを着まわしたり、いろんなものを共有する動きは今後も増えていくでしょう。それはSDGsでいうところの様々なゴールにつながります。

SDGsは何にでも繋がりますので、まぁこじつけといえば、こじつけになっちゃいますけど、こういう効果があるんだなって思うと、なんかちょっと自己肯定感高まるやん?って事です。
私だって、つくる責任やつかう責任を考えて日々生きてるわけじゃないです。だけど、なんかこうやって可視化できると、自分を自分で褒めてるみたいでちょっと嬉しい。自分のテンションを自分であげていくためにSDGsを使ってもいいと思うんですよね。(今回は話がそれるパターン)

お子さんが大きくなって、もう読まない絵本がある。とか、サイズアウトした子ども服がある方、無印良品へGO!でございます。

そして今週末に環境はフェアトレードやSDGsの話を聞きながら、チョコレートの食べ比べができるイベントを開催します!

まだ若干名、空きがあります。
よかったらご参加くださいね。

 投稿者 SDGsみえプラス なるかわ

まちづくりに参加してますか?

私は三重県四日市市の富田地区に住んでいます。
名古屋で暮らしたこともありますが、ほとんど富田で生きてきました。
去年から地域の行事のお手伝いをする事が出てきまして、先日もお手伝いしてきました。

中学生と語る富田の未来 というイベントで、中学2年生9名 VS 富田地区の行政の代表・PTA・桜まつり、石取祭、鯨船祭の代表者・防災減災担当・社協の代表者の皆さん9名がディスカッションを行うというイベントで、結構おもしろいイベントです。

私は記録係です。
90分間のディスカッションをこれまではみなさんが書記の筆記していたそうですが、Googleドキュメントで音声入力を提案させてもらいまして、即採用!そして喜んでもらっています。インフルエンザになっても絶対来てね!って言われるほどです。(実際はインフルエンザどころか風邪も引いてませんので大丈夫でしたし、インフルになったらもちろん行きません。)

中学生の皆さんも参観しに来てました。

時代が変わっても、中学生の子たちは富田が好きで祭りが好きで、私たちが若かった頃と変わらないんだなぁと話を聞いていて思いました。

「富田地区でSNSをやってほしい。特に祭りの時、山車がどこにいるか分からないので観にいけない!」と中学生から提案があり、大人側は「みなさんがそれぞれで発信してくれたらいいと思うのでやってほしい」と答えるものの、中学生からは「発信はできなくないけれど、私たちのプライバシーが守られて安全だとは言えないので、中学生がやるのは難しいと思います。」と返答され、その通りだ!って私は思いました。忌憚なく発言する中学生のみなさんが本当に好きです。かっこいい。って思いました。

富田でSNSが導入される日は来るのだろうか・・・
来る!提案する!!せめて祭りの時だけでも、どこにどの山車がいるか分かるように提案したいです。とおもっています。

富田地区には十四川という川があり、桜の木が植えてあります。
その桜の木は大正時代に植えられた桜なので、寿命が心配されています。
植え替えるには、枯れた桜の木を根こそぎ取って新しく植えねばならない。
それは専門の知識がある人じゃないと難しく、そうすると財政的に厳しい・・・。
っていうお話も出ました。

石取祭も鯨船祭りも、子供たちの参加が少なく、祭りをこのまま継いで行けるのかという不安があるとのことで、これは全国的に課題となっていると思いますが。。

それでも、昔より人数は少なくとも、地元の中学生の子たちが「祭りって楽しい!自分の子どもにも体験させたい!」って思える事が大切で、そう思ってもらえるように富田を愛するおばさんは、頑張ろう!と思うのでした。

これはSDGsでいうと、こちらですね。半ば強引にSDGsと結びつけてみました。
(きっとこの会に参加した人の中でSDGsを知ってる人はほとんどいなかったでしょう)

祭りだけでなく、防災や減災の話も出ました。
道が狭くて危ないという話も出ました。
それらに付随して、大人側からは都市計画の話や、海に近い地域の取り組みが話されました。

でも、私は個人的にジレンマを感じます。
富田以外の地域のことも知ってほしい。
国内海外含め、色んな文化や習慣を見てほしい。
それでこそ、富田(大きく言えば日本)の良さや課題が分かると思うんです。

大人たちは、人口流出を心配します。大人になっても富田に留まってくれるかを心配します。実際、四日市の20代の女性はどんどん四日市から出て行っていると聞きました。それはどういう事なのでしょうか。また戻ってきてくれるにはどうしたらいいのでしょうか?

このイベントは楽しかったですが、富田で育った者として、そして子どもを持つ者として、考えることはたくさんあります。少ししかできなくても、地域が存続し続けるために少しずつでも私は協力していきたいと思います。だって富田が好きだから!


2/2はみんなでチョコレートを食べながらSDGsを学ぼう!
小学校低学年のお子さんもお家の方と一緒に参加できますよ。

投稿者 なるかわ

The Clothesline

私がSDGsに強く惹かれるようになったのは、ゴール5の「ジェンダー平等を実現しよう」があったからです。その時は「ジェンダーで悩んでいるのは日本の一部の人だけじゃないんだ!世界中で扱うべきテーマなんだ!よかった〜」と思いました。「よかった」って思うなんて不謹慎ですが、世界中の課題の一つに選ばれた事でジェンダーが少しずつ解決していくんだという安心を得た事を覚えています。

そして今日はなるかわのジェンダーについての取り組みをお伝えしたいと思います。

今年の夏にあいちトリエンナーレにおいて私は「The Clothesline」(クロスラインと読みます呼びます)という作品のワークショップに出ました。

この作品はメキシコ人のモニカさんが作っているもので、紙に質問が書かれています。その質問に答えてもらい、その紙を洗濯物を干すように吊るしていきます。
質問を考える事、ディスカッションする事がワークショップのメインでした。

ワークショップの話は長くなるので割愛しますが、このアートの目的は可視化する事でした。いかにその人それぞれが感じたり体験した、いわゆるセクハラ、もっといえば性差別、性被害、性暴力を具体的に紙に書いてもらうか?そのためにどんな質問をしたら効果的なのか?という事を話し合いました。

モニカさんはもうメキシコへ帰国しましたが、ワークショップを受けた有志で「Our Clothesline with MonicaMayer」(アワークロスラインウィズモニカメイヤー と読みます)という団体を作り、日本でモニカから直接教わったメンバーとして、活動をしています。私もメンバーの一人となって活動しています。この前は白子のアヒージョとワインを飲みながら打ち合わせしました・・・。つまり結構ワイワイしていて楽しい。

ホームページもあります。一部抜粋して掲載しますね。
The Clothesline とはこういうものです。

個人が特定できないように書いてもらう事が前提です。そして今まで声をあげられなかった人たちが「言ってもいいんだ」と勇気を持ち、紙に体験を書き、それを吊るす。吊された紙は誰が書いたものか分からないけれど、それを読み共有する事で、ハラスメントや性差別を具体的に知り、読む人の意識を変えていく効果がありますし、書いた人たちにとってもささやかではあるかもしれませんが癒しになります。書くだけやんけ!って思う人はぜひこの質問どれでもいいので一つを紙に書いてみてください。書くだけなのに、その時のことを思い出さなければいけない苦しみ、そしてそれを書いていいか戸惑い、書くことで個人が特定されるのではないかという恐怖(実際、恐怖は感じるものの、個人名は書かないし、似たような被害の多さゆえに特定されることは困難です。)、そして書いた紙が吊されて、自分以外の知らない人がその紙を真剣に読んでくれている場面をみた時の救われたような気持ち。それは書いた人にしか分からない体験です。書くだけなんて言わないでほしいです、本当に!

男性も性被害にあっています。それでも女性からの投稿が圧倒的に多いです。そして実はもっとショッキングな内容が書かれています。

モニカさんは、「ジェンダーについて話し合う時に、男女もしくは同性同士でも分断が起きる。私はその架け橋になりたい」とおっしゃっていました。その架け橋となるのがこのThe ClotheslineだとOurClothesline with MonicaMayer でも考えていまして、国内でも活動をしていこうとしています。


そしてこの度、一般社団法人川村文化芸術振興財団さんから

2020年度 川村文化芸術振興財団ソーシャリー・エンゲイジド・アートとしてプロジェクト支援助成

されることになりました!!(詳しくはこちらをご覧ください)

国内外から40プロジェクトくらい応募があった中2つのプロジェクトが選ばれました。そのうちの一つがこちらになります。これは大変嬉しいことで、来年度には名古屋と東京でThe Clotheslineを開催することになります。

ということで、こちらはSDGsみえプラスの活動ではないけれど、私なるかわの個人的な活動でありながらもSDGsとリンクさせて活動していきたいお話です。またここでも報告していきたいと思います。

ジェンダーだけじゃない!いろんな面からSDGsに取り組んでいます。
2/2には、みんなが知らないチョコレートと環境のお話を開催します。
詳しくはこちらをご覧くださいね