メモリーカフェ”日永”オンラインに参加してきました

先日、NPO法人Dサポートさん主催のメモリーカフェ”日永”オンラインに参加させていただきました。

四日市市の三原クリニック医院長でいらっしゃる三原先生が活動されているメモリーカフェ。先日はその様子をブログにしましたが、今回は私なるかわが実際に参加させていただきました。

SDGsのゴールだと、この4つかな?と思いましたよ。

今回は会場が6箇所でした。
それぞれの会場に、認知症の方とそのご家族がいらっしゃって、その会場でお話する時間もあったり、6会場全体でお話をしたり「回想法」を使ってお話もしました。

実は私、出産前にほんの少しだけ特養や、介護ヘルパーとして仕事していたこともあり、認知症の方と接することが全くなかったわけではありません。しかし最近は認知症の方と接する機会が少なかったため、ちょっとドキドキしていました。

私は日本ケアシステムさんの建物4階の会議室で参加させていただきました。

準備に大忙しの三原先生

回想法という手法をご存知ですか?

テーマは夏の思い出でした!

テーブルでご一緒させていただいた皆さんが順番に夏の思い出を発表して、それについてお話をしていきます。私のグループでは、農業をされていた男性が

「子どもの頃は、学区と学区でケンカをした。赤堀と日永で川を挟んで石を投げてケンカをした。」

と言うはなしで、みんなで爆笑しました。

また、夏とは関係ないけど、いろんなお話をしていくと

「小学校の同級生の孫同士が結婚をして、同級生と親戚になった」

というお話も伺いました。

認知症状がある方も、夏の思い出というテーマから様々のことを思い出されて、とても楽しい時間になりました。
私の横にはそのご家族が座っていらして、普段の様子を教えていただきました。

こちらのカフェは、集まってお話するだけではなく、防災も意識されていらっしゃいます。
近所に住む方達がメモリーカフェに定期的に集まっておくことで、災害が起こった時に協力し合えるというのもとても大切なことですね。


そしてオンラインの良さが発揮されていました!
会場の一つが伊勢だったのです。
これはオンラインならではですね。
どんどん広がっていただきたい。
老若男女問わず、そして地元の企業や学校とも繋がっていただきたいと思いました。

持続可能な社会(希望を持って行動できる社会)に向けて、みんなができることを少しずつやっていく。それが本当に大切だと思います。

この度は、三原先生お誘いいただきありがとうございました!

三原クリニックさんのHPはこちら

三原クリニック連携型認知症疾患医療センターさんのホームページはこちら

カセットテープのち、近未来?

今日はゴールでいえばこの辺りでしょうか?

近未来の前に、マクセルといえば何を思い浮かべますか?
私は断然これです。

カセットテープ!
いやぁもう私の青春にマクセルは切っても切れない存在です。
今日はそんなマクセルさんの新商品のお知らせです。

これはもうSFの世界かもしれない!!!!(いえ、2021年市場投入だからもはや現実)

カセットテープのイメージから、急に近未来!
この写真を見て、ちょっとワクワクしました。
これがどう持続可能な社会につながるのか、と言われると今一番言えるのは「感染予防」ですね。あと、空気にタッチ!?というこのワクワク感が、先行き不安な未来を少なからず明るくてらしてくれたと思います。早くタッチしてみたいです!!!!!!

空中に映像を写して、それ(空中のボタン)を押すというもの。
去年の今頃の発表であれば、この技術は「技術革新!」「おもしろい!」と言われていたかもしれません。しかし、今発表されるとなるとそれらに加え、「非接触で感染リスクが減る」という見方ができます。そして様々な場面で、想定より導入が見込まれるのではないでしょうか?

最近思うのですが、少し先(例えば2週間先)のことでも予測がつかない生活をするなかで、技術の進歩にとても助けられるということです。私たちの周りには最新の技術が溢れていて、例えばスマホも電話と言うよりは、パソコンよりも使える小さいパソコンのようで、電話はおまけのような存在に感じます。今手元にある技術をうまく利用して、人間らしく生きられるよう日々工夫をして生きていきたいですね。

みえプラスの活動は今は水面下で動くばかりで、セミナーなども開けないですが、3人がそれぞれできることをやっております。

マクセルさんのHPはこちらからご覧いただけます。
https://www.maxell.co.jp/

投稿者 なるかわ

ケンタッキーが3D肉プリント・ナゲット!?・・・はて?

私個人的には

キターーーー!!!!!

って興奮したんですけど、興奮しません?しませんか、そうですか。。。

いよいよ来てしまった、培養肉の時代。
待ってたのに、きて「しまった」とは表現がイマイチなのはそっとしておいてください。


私が買った豚肉。冷凍だけど1日冷蔵庫に入れておけば、ほとんど解凍されます。ジューシーでとってもおいしかったです。記事と矛盾しているような気もするけれど、いま販売されているお肉を買わないのもまた違うお話ですからね。育ち盛りの家族がいる方には特に本気でオススメ。

そんな私はスーパーで、デンマークから輸入されている豚肉の塊のあまりの安さに2キロも買って10日かけて家族みんなで食べました。こんなに安くて大丈夫なのだろうかと不安もあるし、そもそもSDGsに関心があって、お肉の消費には慎重になっているはずなのに、こんなに買ってしまって「言っていることとやっていることが違うやん」状態でいいのだろうか・・・。と思いました。そんな日常の中、このニュースは、私にとっては「なぜかホッとした」ニュースでした。

お肉を食べるのに、どれだけ地球に負荷がかかっているかは、昔書いた記事があるのでこちらを参考になさってください。

参考①飢餓をなくすためにできること
https://sdgs-yokkaichi.com/2019/11/19/%e9%a3%a2%e9%a4%93%e3%82%92%e3%81%aa%e3%81%8f%e3%81%99%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e4%ba%8b/

参考②お肉が好きです
https://sdgs-yokkaichi.com/2020/03/14/%e3%81%8a%e8%82%89%e3%81%8c%e5%a5%bd%e3%81%8d%e3%81%a7%e3%81%99/

それでも、私はお肉食べたい。
それであれば、高くてもきちんとした環境で育てられた命をそれに応じた金額でいただく。
もしくは、安価で安全で、誰の命も落とさないで食べられる培養肉を選ぶ。
もしくは、お肉だと思い込んで植物性のお肉(おからや大豆で作られるお肉の食感に似たもの)を選ぶ→もはやお肉でないけど、お肉と思い込んで食べる。これはこれでとってもおいしいので好きです。

もう皆さんは十分お気づきだと思いますが、今までの良しとされてきたものや当然だと思ってきたものが、時にはあっという間に時代にそぐわないものになっていきます。

お肉に関しても、皆さんそれぞれに様々な考えがあるでしょう。
しかし、人間が生活を変えていかないと地球が爆発しないのに、キャパオーバーになっていきます。

きっと近い将来、本当に培養肉が近くのケンタッキーで販売されて、そのおいしさに驚く日が来るでしょう。
それでも私たちは、今のうなぎのように、高くてもおいしいお肉は食べるでしょう。
決してお肉を食べてはいけないという話ではないのです。
これからもずっと、自分の住む地域、そして日本、そして世界がより良くずっと続いていくと希望を持って私たちがどう行動していくか?
それが大切なテーマです。それがSDGsです。

本当に履歴書に性別欄がなくなる

以前、こういう記事も書きました。このブログのアンサーブログみたいな形で今回のブログが書けて嬉しいです!
「履歴書に性別や名前を書かない」
https://sdgs-yokkaichi.com/2020/03/22/%e5%b1%a5%e6%ad%b4%e6%9b%b8%e3%81%ab%e6%80%a7%e5%88%a5%e3%82%84%e5%90%8d%e5%89%8d%e3%82%92%e6%9b%b8%e3%81%8b%e3%81%aa%e3%81%84/

今売っている履歴書はまだ性別欄があるけれど、来年の今頃はもうきっと性別欄がない履歴書しか売ってないはず。

そのうち、名前は苗字だけで、大学名も書かない時代が来るでしょう。
なぜなら、名前(ゆみこ つよし など名前で性別が分かるから)や大学(○○女子大と書けば女性と分かってしまうから)です。

これからの世代は性差別がない世界で、それぞれの個性を生かして生きていってもらいたいです。

最近、みえプラスブログがジェンダーについての記事が多くなりましたが、それはブログを主に書く人(なるかわ)がジェンダーに強い関心を持っているからです。

堀はSDGs全般を多くの人に伝えていく事に関心を持っているし
古市は環境に強い関心を持って活動をしています。

三者三様で意識を持って活動していますので、記事は多少偏りますが、「ほうほう」と読んでいただけたらありがたいです。

投稿者 なるかわ

1年で1.4億人の少女が「消失」!?

今回はこちらの話になります。ゴールでいうと、この3つかな?と思います。

今年1年間で、およそ410万人もの少女がFGM(女性性器切除)の危険にさらされている。現時点でも18歳未満の33,000人もの少女が、大きく歳の離れた男性との結婚を強制されている。また、いくつかの国では、娘よりも息子を極端に好む男児選好により、出産時の偏った性選択や極端なネグレクトによる育児放棄につながり、その結果1億4,000万人もの少女が「消失」している。

ちなみに何度も申し上げますが「一年」で1億4000万人の少女が消失しています。

日本でも、男女の格差はあります。
生まれてくる子の性別で周りからいろいろなことを言われて辛い思いをする方もいらっしゃいます。

でも世界の一部の国では、さらに恐ろしいことが行われています。
他にも信じがたい事実が「世界人口白書」のレポートに掲載されています。
ご興味がある方はこちらをご覧ください。
https://tokyo.unfpa.org/ja/news/世界人口白書2020-%E3%80%80自分の意に反して:女性や少女を傷つけ平等を奪う有害な慣習に立ち向かう

そこで、私たちは何ができるのでしょうか?
持続可能な社会にするには、どう行動したら良いのでしょう?
日本はこんなことしないから関係ないし、何もできないって思いますか?
私も色々と考えて行動していきたいと思います。

投稿者 なるかわ

アトピーと持続可能な社会

実は、みえプラスの3人とも、痒みに悩まされています。
どこの皮膚科に行ってる?とか、どうスキンケアしてる?とか情報交換することもしばしばでした。
2人のことはさておき、私は生後半年からひどい湿疹で、母子手帳に湿疹がひどすぎて救急外来に行ったと記載が残っています。母も大変だったのです。
そして今でも私はアトピーです。

完治には至らず、ずっとどこかが痒い痛い生活を送っています。
そんななか、朗報は突然やってきた!

このお薬が注射であることは分かりましたが
保険外治療になるのか
いつから一般に広がるのか
まだ分かりません。

ですが、Twitterでは歓喜のツイートが溢れています。
多くの方がアトピーとたたかっていたり
身内や友人でアトピーに悩んでいる人がいたりするようです。

これはSDGsの視点から言えば、これですね。

アトピーで悩んでいる人は
「これで夜も眠れる!」
「半袖が着られる!(アトピーの傷があると肌を露出しづらいため肌を隠しがちになる)」
「楽しく生きられる!!!!」
と、生きる希望が見えたような心持ちがしたというのは大袈裟ではないと思います。

持続可能な社会って、分かりづらいなってずっと思ってきたけれど、このニュースとニュースに対するみんなの反応を見ていたら、持続可能な社会って「希望を持って行動する社会」ってことなのかなって思いました。結構いい感じで表現できてると思っています(ドヤ顔)。

ブログをすこしお休みしていましたが、書きたいことは山ほどあるので、また書いていきたいと思います。

投稿者 なるかわ

みえプラス、名古屋デビュー!

名古屋市の某企業様にて、SDGsスタート講座を実施いたしました!

SDGsについては何となくわかるけど、人に説明できるほどの理解は自信がない…そのような方にぴったりのSDGsスタート講座。

☘️なぜSDGsを進める流れなの?
☘️誰がSDGsをしようって言ったの?
☘️SDGsに取り組まない企業はどうなるの?
☘️SDGsに取り組むにはどうしたらいいの?
などなど…、90分で盛り込めるだけお話させていただきました。

17のゴールを自分事にして身近に感じてもらうため、一つずつ「日本ではどうでしょう?」とクイズを出題しました。
例えば1番目のゴール「貧困をなくそう!」ですが発展途上国の写真でよく見るような、汚い川で生活用水(トイレ、食事、お風呂)のすべてをまかなっているような地域は日本ではちょっと考えられません。
そこで、自分事として考えるために「日本の子どものうち何人に1人が貧困だと言われているでしょう?」などとひとつずつクイズを出し考えてもらいました😊

参加者の皆様はSDGsの知識もおありで、こんな簡単なレベルで大丈夫かしら…と思いつつも、改めて講座を受けていただくことで、しっかりとご自身に落とし込んでいただけたと思っています。

一番反応が良かった(と思う)のは、SDGsのロゴマークには利用規定が細かくあるということ。
ロゴを解体したり、色を変えたり、他のロゴと組み合わせたりしてはいけないのです🙅‍♀️これを知らないと、お客様に間違ったSDGsを提案しかねません。職種によってSDGsに興味を示す分野が違うのだな、と改めて思った一日でした✨

そして、帰りに車に乗ったらなんと、音楽が遅く聞こえるんです!英語の曲をAmazonプライムで流していたのですが、「あれ?バグったかな?」と思うほど、0.8倍速ぐらいに聞こえました。でもそれはAmazonがバグったのではなく、私が興奮して聴覚が覚醒していたから起こった出来事だったのでした😅
マスクを着けて90分話しまくるのも、ちょっと息切れする季節になりましたね(笑)

投稿者 堀

zoomで認知症カフェ

コロナ禍で、オンラインで話すことがとても多かったですね。
コロナが収束してもオンラインで話すという選択肢は減らないでしょう。

zoom LINE Googlemeeting Skype et…様々なオンラインミーティングのツールがありますが、なくなることはなく、さらに便利に使えるようになっていくことでしょう。

先日、イオン泊ショッピングセンターにて、このような会が開かれたそうです。
三原クリニックの三原先生は私たちみえプラスの講座にも足を運んでくださったこともあり、時々SDGsに関することなどをお話させていただいております。

平成29年度高齢者白書によると、2012年は認知症患者数が約460万人、高齢者人口の15%という割合だったものが2025年には5人に1人、20%が認知症になるという推計もあります。

公益財団法人 日本ケアフィット共育機構HPより

ずっと住み続けられる(持続可能な)社会をみんなで創っていくために、地域のみんなで少しずつ5年先10年先を見据えて取り組んでいきたいですね。

私の周りでは、高齢者と子どもたちを繋ぐ事業をスタートさせる方が増えました。
私たちがどこまで皆さんのお力になれるかわかりませんが、みんなで暮らしやすい社会を創っていけたらと思います。

投稿者 なるかわ

リサイクルステーション、使ってますよね?

みなさんこの画像のコンテナ、見たことがないという人はいないのではないでしょうか?
このリサイクルステーションは、24時間365日、自由に「新聞、雑誌」「缶」「ダンボール」を捨てることのできるboxです。
私の住む地域にも設置してあり、市のごみ回収日を待たずに自分の好きなタイミングでごみを捨てることが出来るのでとっても便利!
それに、ごみを「捨てる」というよりも「リサイクルする」という感覚に近く、モノを捨てるというストレスが軽減されるという画期的なコンテナなんです✨

私も相当お世話になっているこのリサイクルステーション。現在、こちらの企業様と打合せが進んでおります!!!

私たちはたった3人で大きな力はありませんが、パートナーシップを組むことで大きなことに取り組むことができる。そんな可能性を信じて日々進んでおります。

早くみなさんに報告できる日がきますように✨
写真はサイトより拝借いたしました。

投稿者:堀

資源回収でまちづくり

先日、株式会社環境思考さんへお伺いしてきました。

環境思考さんは、古紙回収の業務をされていらっしゃいますが、SDGsにも熱心に取り組んでいらっしゃる企業さんです。

環境思考の大川さんは持続可能な社会作りに向けてとても熱心でした。
私たちもとても刺激を受けました。

少しずつですが、いろいろな企業や行政、団体のみなさんとパートナーシップを組んで、これからもずっと続いていく社会がよりよくなるよう活動していきたいと思います。

環境思考の大川さん、水谷さん、ありがとうございました。

投稿者なるかわ