ところで有人ドローンどうなったかな?

イギリスが2035年でガソリン車だけでなくハイブリット車も販売禁止にすると最新ニュースがでました。アメリカもバイデンさんになって何かしらのアクションを取るでしょうし、中国も2035年には中国の全体需要のうち、50%をハイブリット車・電気自動車にすると発表しています。

日本はどうでしょう?
菅義偉総理が2020年10月26日の臨時国会の所信表明で「2050年までに社会全体でカーボンニュートラル」と宣言しました。

なんで日本はカーボンニュートラルという言葉を使うのか。具体的に何をどうするってどうして言えないのか、甚だ疑問ではありますが、つまりカーボンニュートラルとは、社会全体におけるCO2排出量の実質ゼロにするということです。ややこしい( ´Д`)y━・~~

各国のガソリン車廃止について具体的に書いてあるブログがありますのでご紹介しておきますね。勉強になります!
電気自動車のための急速充電器・
充電スポット検索アプリ「EVsmart」
チームのブログ

ところで2050年になった時、あなたは何歳ですか?私は70歳です。
その頃には陸でも空でも自動運転で、ガソリンうんぬんの話ではないでしょうね。
私は70歳になったら、有人ドローンで日本一周の旅行に行きたいです。

ということで本題の、有人ドローンのお話です。

私がSDGsに強い関心を持ったのは去年の9月、ある動画を見たのがきっかけでした。
何回見てもワクワクする動画です。

私は絶対に有人ドローンに乗るんだ!と謎の決意をしたところ、新型コロナウイルスでzoomなどのオンラインミーティングが簡単にできるようになり、上記の動画のような会議はzoomでええやん?となり、しばし有人ドローンのことを忘れていました。私がそんな失礼なことをしているうちに、有人ドローンの開発は進み、実際に人が有人ドローンに乗るところまでになっていました!以下はその時の映像です。胸熱でした。ぜひご覧ください。

有人ドローンは、めちゃくちゃ進んでいた。

日本においても2018年から「空の移動革命に向けた官民協議会」が開催され、都市部でのタクシーサービス、離島や山間部の新たな移動手段、災害時の緊急搬送などに利活用できるものとして期待されています。今後は2023年の事業開始、2030年の本格的な普及に向けたロードマップが制定されています。

このロードマップでは2019年から試験飛行や実証実験を行い、2020年代半ば〜2023年を目標に事業を開始し、2030年代から本格的な実用化をさらに拡大させていくとしています。まずは地方都市部から実用化を進めていき、都市部での実用化を進めていく予定となっています。

あぁぁぁとても楽しみです。
だって2020年代半ば〜事業開始、2030年から本格的な実用化!
2030年は私は50歳ですよ、もうすぐじゃないですか!!!!!

白骨温泉行きたいなぁと思ったら、ドローンで行けるのかな。
ワクワク!!!

ドローン関連の株もチェックしたいところです!

証券会社で女性トップが相次ぐ その理由

アメリカ大手運用会社ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは、女性候補のいない役員選任議案に反対する方針を表明しており、2021年から日本市場でも同様の措置をとる。議決権行使助言のアメリカ企業グラスルイスも2020年から東証上場企業を対象に、女性の役員候補がいない場合は社長や会長の選任議案に反対するよう推奨する。

中日新聞より

簡単に言うとですね

「会社のえらい人の中に女性を入れる意志がないと会社は良くても、社会的に確実によくない」

ってことです。

さらに、同性婚に関しても各企業の取り組みが進み出しています。いいぞいいぞ!!

社会を変えるスピードを上げるため、企業の後押しが必要

Business for Marriage Equality HPより

Business for Marriage Equality HPより

同性婚は世界でみると、もはやスタンダードなんですね。

性別による不平等があったり、多様性に対応できない会社は、売り上げが良くても世界で支持されない。株式市場で評価が低くなる。株を買ってもらえない。経済市場が発展していかない。もちろん、商品を買う人たちにとっても、企業で働く人にとっても多様性に対応している企業で働きたいし買いたい。

めっちゃ日本頑張り始めたやーんと思うかもしれませんが、めっちゃ遅れているというか取り残されているらしいです。

世界では近年急速にLGBTに関する法整備が進んでいます。現時点で29の国・地域で婚姻の平等が制度化されており、G7の中で同性カップルのパートナーシップが国レベルで法的に保障されていないのは既に日本のみです。今年発表されたOECDの報告書でも、LGBTに関する法制度の整備は35カ国中34位にランキングされています。日本は、この分野の法整備で世界に取り残されている状況です。

Business for Marriage Equality HPより

ですから、ここから何とか世界基準に近づいて欲しいものです。

これは今生きている私たち大人世代のためではなく、子どもたちやまだ生まれて生きていない次の世代のためです。と、同時にこうやってブログにすることで私自身のジェンダー平等をアピールするためでもあります。女性・男性で縛られ、生きづらい時代は早く終わらせたい。私は強く思います。日本ではSDGsは環境や教育や経営の分野で話されることが多いですが、みえプラスは私(ブログ担当なるかわ)がジェンダー 平等に意識が強すぎるため、ジェンダーの話が多めです。これからもジェンダーに関する取り組みを色んな視点から考えていきます。

今回はジェンダーと株式市場の話が繋がって、ダブル?トリプル?で、私が個人的に興味深いと思い記事にしました。日本はこの多様性の社会を拒否することはできません。日本のえらい人たちとは違う一般ピープル的な視点でブログをしたためていきたいと思います。

SDGsと投資

私も始めようと思うんですよ、投資!(急に言い出す)

今まで自分には投資は無理だと思って生きてきたけれど、投資をする事でいろんな「今」が見えるんですよね。特におもしろいなって見てるのは、IPO(新規公開株)です。

私がイメージしてるのは魚の競りみたいな感じです。
(まだ株取引は始めていません)
お魚は競りに勝った人の金額で終わるけど、株はそこからまた売ることができます。
公開されたと同時に買ったら株価はまだ安い方で、そこから値段があがる!上がらない場合もある!すぐに上がらなくてもじわじわ上がるかもしれないし、そのまま上がらないかもしれない。いつ売るかいつ買うか、その見極めが面白いです。(しつこいですが、まだ始めてません。見てるだけだから楽しいのかもしれない。)
ということで、私の近々の目標はIPOの公募に当たることです。

最初から話がそれましたが、上場する会社で特に評価が高いのはAIとかクラウドサービスとかが多くて、私が知らないうちに確実に技術革新は日々行われているんだなぁと思いました。そんななか、我らが四日市のキオクシアさんは上場を取りやめましたし、いろんな企業が今年の3月ごろにガクンと値段を下げています。そうです、新型コロナウイルスの影響ですね。第三波が来始めまして、さらに株価も気になるところです。

実際に株をされている人は、社会の動きにとても敏感です。
企業情報にも詳しいです。
だから私もそうなりたくて、身銭を切ろうと思いました。

そして、ESG投資というものがあります。
これは環境・社会・企業統治に配慮している企業を重視・選別して行なう投資のことです。
ここには必ずSDGsが関わってくるので、企業の皆さんはSDGsに取り組むわけですね。
私たちみえプラスは、企業の方、教育関係の方、子どもたち・・・いろんな方とお話をさせていただくことになります。そのため、ESG投資のことにもある程度詳しくないといけないかなって思うのです。

ということで、society5.0の話や、環境、ジェンダー さまざまなテーマの一つとして株の話も入れていきたいと思います。

三原先生の取り組みが厚生労働省のHPに!

これまで2回おじゃまさせていただきました、メモリーカフェ日永オンラインさんが全国のモデルケースとして厚生労働省のホームページに掲載されました!!!

軽度認知症のご本人とご家族が自宅から行きやすい会場に集まり、そこからオンラインで各拠点を結び、みんなでおしゃべりしたり回想法というものをやったり、認知症の家族と日々過ごされる方達が情報交換もできる場所がオンラインカフェです。

久しぶりにこの言葉の登場です

Society 5.0

ざっくりすぎるやろ!と突っ込まれる覚悟でざっくり説明するとAIです。
そして医療・介護の分野でのSociety5.0について、内閣府の資料を見てみましょう。

Society 5.0 新たな価値の事例(医療・介護)より引用

そしてメモリーカフェ日永オンラインさんはロボット=オンラインツールを使って生活支援・健康促進・負担軽減をされていると思います。

これからも拠点が多くなり、認知症の方がいらっしゃるご家庭が外に出て笑って話ができる機会がますます増えるといいな!そして認知症の方だけでなく、妊婦さんや産後間もないご家族、引きこもりの方がいらっしゃるご家族、持病を抱えていて外出が難しい方達にも広がっていくといいなと思っています。

なお、ロボットでは私はこの子達が好きです。

LOVOTのホームページより

いつ見ても、何度見ても、かわいい!!!
アレルギーでペットが飼えない我が家には本当に欲しい「LOVOT」(らぼっとと読む)

こういう子はまさに一家に一台いてほしい!

未来のロボットの活躍が楽しみです。

早よ来て〜家事ロボット

トヨタが研究・開発中のロボットです。

人間がVRで教えているらしい。そして人間の代わりに全自動でやってくれるというよりは家事サポートって感じのようですし、販売はまだまだ先のようです。ロボットが家事サポートをやってくれるようになるのはいつかな?

突然話は変わりますが(変わってないかもしれない)、私の家は洗濯機に乾燥機能がついたものを導入しました。
『洗濯物を干す』
それがなくなるということは、本当に素晴らしいことです。
私よりも子どもたちが喜んでいるのが不思議です。

この素晴らしい気持ちがどんどん増えていって欲しいです。

ロボットができあがるまでに「家事サポロボによって家事の手間が省けたら何をするか?」をじっくり考えたいと思います。

VUCAって読める?

SDGsに関する話を読み漁っているとVUCAという言葉に出会いました。

まず、、読めへん。

ググったらすぐ分かったよ〜ブーカって読むんだって!
読めないことよりも恐ろしいのはググって出てきた記事が2015年のものだった。

めっちゃ前からあるやん。なんなん!!

ということで調べるうちに、分かってきた。
私はブーカという単語こそしらなかったけど、言ってたわ〜知ってたわ〜!

ではここでVUCAとは何か?

VUCA(ブーカ)とは、Volatility(変動性・不安定さ)、Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性・不明確さ)という4つのキーワードの頭文字から取った言葉で、現代の経営環境や個人のキャリアを取り巻く状況を表現するキーワードとして使われています。

https://bizhint.jp/keyword/40037

今はVUCAの時代と言われています。
不安定で不確実で複雑で曖昧
首がもげそうなほどうなずけますね。

これらに対応するにはどうしたらいいのか?
それはOODAループという考え方があるそうです。

見定めた内容をもとに仮説と解決策を立て、最適な解を選択して実行していくのがOODAループの一連の流れ

https://hrnote.jp/contents/editorial-vuca-20200226/

これもこの前無料のYouTubeの講座で全く同じこと言われた。
(あの先生、我が物顔でしゃべっとったけど、OODAループの話してただけやんか)

ということで、今日はSDGsとVUCA、OODAループについて記事にしてみました。

私たちみえプラスは立ち上げ当初から常にOODAループの繰り返しです。
(っていうだけでなんかキマる!!)

ここはビジネス用語を解説するブログではないんですけど、ちょっと調べただけで「令和はVUCA時代」といっぱい出てくる。「時は戦国」(麒麟が来る を愛聴している)みたいなもんです。敵は本能寺じゃないくて、ウイルスだったりシステムだったり人だったり。うまく言ったような感じですが、こういう単語を大まかでも理解しておかないと、話が通じない時がある訳です。

なので、SDGsに関心がある、みえプラス読者のみなさん、このキーワードを覚えましょうぞ!

和を通じてSDGsを感じる

先日、四日市市内にある伝七邸さんで行われた

四日市市制施行123周年記念事業
和の文化祭
和の煌めき

に娘とお邪魔してきました。

SDGs的にいうとこれは・・・

かな?と思います。

生まれて初めてお花を活けました。
ほとんどその場にいたお花屋?のおじさんがお花の基本のやりかたを教えてくれました。
その後お花の先生には「直す所なし!上手!!」とほめてもらい、一気に調子に乗りました。
枝を活ける前にゆっくり曲げたりそれぞれの高さや広がりを考えたり、足元のトゲトゲした所に刺す場所もすっきりとしていた方がいいとか、色々教えてもらいました。

それから茶道体験。

ベトナムからの留学生さんたちと一緒に参加しました。
コロナ禍での体験会なので、様々な配慮をしていただいていました。

ではこちらを見てください。

このお茶を立てる竹でできた、茶筅(ちゃせん)どこがどう違って、なぜ違うのでしょうか?
左が遠州流茶道の茶筅、右が表・裏千家の茶筅。
流派によって色々と違うのです。
(流派が違うという説明は、鬼滅を例にして娘に説明。汎用性の高さに感動します。北斗の拳でもいけるといえばいけるけど・・・w)

体験会が終わってから
みんなと茶巾を畳む練習をしました。
お向かいに座っていたベトナムの男性が茶巾を畳むのが完璧にお上手で、私と娘と隣の席の方は何度も何度も教えてもらってできるようになりました(๑>◡<๑)

一反もめんの赤ちゃんみたいな茶巾をこうやって畳むのです。
シンプルなのに全然できへんくて、苦戦しました!!

遠州流茶道は武家の茶道と言われていると教えていただきました。
さまざまな歴史的背景があり、動作一つ一つに意味があり
読み書きそろばんとは違う、学びであることを感じました。

日本の文化なのに日本人の私は茶道が分からず、ベトナムの方に教えてもらうという恥ずかしいというか、そのベトナムの方が教養があられるということだと思う(日本人みんなほとんど茶巾たためへんやん?だから恥ずかしいというのも変だよね???)ので、文化や教養も学んでいきたいと思います。

遠州流茶道撫子会さんの代表、中川さんにお話を伺ったところ

SDGsにとても関心があり、茶道文化とコラボレーションしていきたい

とお話をしてくださいましたので、きっとこれから何かご一緒させていただくことになると思います。きっと!みえプラスメンバー3人ともとても嬉しく張り切っております!

と、こんな感じでブログもコツコツ書いていこうと思います。
これからもぜひご覧ください。

そしてSDGsに関わるイベントやお店などありましたら教えてくださいね。
記事にさせていただきます。

貝沼内科さんが小児科もスタート!

先日、四日市市泊にある貝沼内科の貝沼先生からSDGsのことを聞きたいとご連絡をくださいまして、お伺いしてきました。

貝沼先生です。病院ナビよりhttps://byoinnavi.jp/clinic/86912

三重病院と厚生労働省でご活躍され、いよいよ四日市でお父様の貝沼内科を継がれます。

なぜみえプラスをご存知なのかと伺ったところ
「SDGs みえ」で検索したらみえプラスが出てきて
ブログがあり、三重で活躍しているSDGsに関連する話題が書かれていたから
とのことで、ブログ担当の生川はうれしゅうございました。

貝沼先生が今後新しくご自身の医院でされることは今は全部まだ言えないけど

・病児保育(2021年4月からの予定)
・糖尿病やアレルギーのあるお子さんの対応
・栄養指導
・予防接種
・オンライン診療

だそうです。四日市ももれなく子どもたちが減っているなか、相談できる小児科が増えることは嬉しいです。ではここで、今回のゴールは何でしょう?こんな感じだと思います。

病児保育においては、四日市では4箇所目です。
貝沼先生の4箇所目の病児保育ができるよと友人たちに話したところ
「もっと早くできてほしかったよぉぉぉぉ」
と、こぞってみんな叫ぶのでした。
以下、四日市Plusという広報からです。このページはこちらをクリックしたら見れます。

まだ広報には掲載されていませんが、下記の病児保育に加えて貝沼内科さんが来年度からスタートされます。

とはいえ、私の別の友人は来年度の保育園入園は難しそうという話をします。四日市市は中学卒業まで子どもの医療費窓口負担ゼロになり、それはそれで本当にありがたいのですが、親はありがたいということで、子どもたちがもっとのびのびと生きられる社会からは遠いように思います。四日市だけのことじゃないんですけどね。

SDGsは幅広すぎて、何でもSDGsなんです。
だからSDGs視点から「ああなったらいいのに」「ああしてほしい」という願望を持ちすぎると、逆に身動きが取れない感覚になることもあります。
それでは本末転倒ですので、私たちは日々話し合い、堀・古市・生川3人がそれぞれでできること、協力し合ってできること、他の団体の方とパートナーシップを組んでできることを考えて行動していきたいと思います。

記念写真を撮りました!もうすぐこちらには新しい病院が建てられます。楽しみです!!

メモリーカフェ”日永”オンラインに参加してきました

先日、NPO法人Dサポートさん主催のメモリーカフェ”日永”オンラインに参加させていただきました。

四日市市の三原クリニック医院長でいらっしゃる三原先生が活動されているメモリーカフェ。先日はその様子をブログにしましたが、今回は私なるかわが実際に参加させていただきました。

SDGsのゴールだと、この4つかな?と思いましたよ。

今回は会場が6箇所でした。
それぞれの会場に、認知症の方とそのご家族がいらっしゃって、その会場でお話する時間もあったり、6会場全体でお話をしたり「回想法」を使ってお話もしました。

実は私、出産前にほんの少しだけ特養や、介護ヘルパーとして仕事していたこともあり、認知症の方と接することが全くなかったわけではありません。しかし最近は認知症の方と接する機会が少なかったため、ちょっとドキドキしていました。

私は日本ケアシステムさんの建物4階の会議室で参加させていただきました。

準備に大忙しの三原先生

回想法という手法をご存知ですか?

テーマは夏の思い出でした!

テーブルでご一緒させていただいた皆さんが順番に夏の思い出を発表して、それについてお話をしていきます。私のグループでは、農業をされていた男性が

「子どもの頃は、学区と学区でケンカをした。赤堀と日永で川を挟んで石を投げてケンカをした。」

と言うはなしで、みんなで爆笑しました。

また、夏とは関係ないけど、いろんなお話をしていくと

「小学校の同級生の孫同士が結婚をして、同級生と親戚になった」

というお話も伺いました。

認知症状がある方も、夏の思い出というテーマから様々のことを思い出されて、とても楽しい時間になりました。
私の横にはそのご家族が座っていらして、普段の様子を教えていただきました。

こちらのカフェは、集まってお話するだけではなく、防災も意識されていらっしゃいます。
近所に住む方達がメモリーカフェに定期的に集まっておくことで、災害が起こった時に協力し合えるというのもとても大切なことですね。


そしてオンラインの良さが発揮されていました!
会場の一つが伊勢だったのです。
これはオンラインならではですね。
どんどん広がっていただきたい。
老若男女問わず、そして地元の企業や学校とも繋がっていただきたいと思いました。

持続可能な社会(希望を持って行動できる社会)に向けて、みんなができることを少しずつやっていく。それが本当に大切だと思います。

この度は、三原先生お誘いいただきありがとうございました!

三原クリニックさんのHPはこちら

三原クリニック連携型認知症疾患医療センターさんのホームページはこちら

カセットテープのち、近未来?

今日はゴールでいえばこの辺りでしょうか?

近未来の前に、マクセルといえば何を思い浮かべますか?
私は断然これです。

カセットテープ!
いやぁもう私の青春にマクセルは切っても切れない存在です。
今日はそんなマクセルさんの新商品のお知らせです。

これはもうSFの世界かもしれない!!!!(いえ、2021年市場投入だからもはや現実)

カセットテープのイメージから、急に近未来!
この写真を見て、ちょっとワクワクしました。
これがどう持続可能な社会につながるのか、と言われると今一番言えるのは「感染予防」ですね。あと、空気にタッチ!?というこのワクワク感が、先行き不安な未来を少なからず明るくてらしてくれたと思います。早くタッチしてみたいです!!!!!!

空中に映像を写して、それ(空中のボタン)を押すというもの。
去年の今頃の発表であれば、この技術は「技術革新!」「おもしろい!」と言われていたかもしれません。しかし、今発表されるとなるとそれらに加え、「非接触で感染リスクが減る」という見方ができます。そして様々な場面で、想定より導入が見込まれるのではないでしょうか?

最近思うのですが、少し先(例えば2週間先)のことでも予測がつかない生活をするなかで、技術の進歩にとても助けられるということです。私たちの周りには最新の技術が溢れていて、例えばスマホも電話と言うよりは、パソコンよりも使える小さいパソコンのようで、電話はおまけのような存在に感じます。今手元にある技術をうまく利用して、人間らしく生きられるよう日々工夫をして生きていきたいですね。

みえプラスの活動は今は水面下で動くばかりで、セミナーなども開けないですが、3人がそれぞれできることをやっております。

マクセルさんのHPはこちらからご覧いただけます。
https://www.maxell.co.jp/

投稿者 なるかわ