カテゴリー: SDGsを簡単に説明するシリーズ

無印良品で本と子ども服の交換ができる

無印良品で本と子ども服の交換ができる

四日市駅にある近鉄百貨店5階の無印良品では、おさがり交換会が開催されています。絵本と子ども服が対象です。
ご存知でしたか?
私は知りませんでした!私は自分の子どもたちが通う小学校の読み聞かせボランティアをしていまして、そこでこの取り組みがありますよ〜と教えてもらいました。ということで、早速行ってきました!

とは言え、無印良品には子ども服も絵本も販売されています。
なのに、こういう取り組みをされていらっしゃいます。
この取り組みをするのに、人件費もかかるし、販売スペースを削っているんですよね。
それはなぜなのでしょうね。(多くを語らないパターン)


そんなこんなで、実は私も昨年、富田地区でお下がり交換会をしました。
その時はSDGsのことは知っていたけど、完全に忘れてましたね笑。SDGsは自分と全然関係ないことだとすら思っていました。

みなさん、思い入れがあって捨てられない、誰かに着てもらいたい。
というお気持ちで提供してくださいました。
ジャングルジムや新品のキッズ布団もありました。

なぜお下がり交換会をしようかと思ったのかと言えば、まだ着られるお下がりのお洋服が、お下がり服がほしい人のところに回ってほしい。楽しそう。

だったからです。
他にも理由はありますが、またそれは話しますね。(もったいぶるパターン)
ちなみに春になったら富田地区で再び開催予定です!

話は変わりますが、みなさん決断しなければいけない時、すぐ決められますか?
私は即決できるタイプなんですが、最近即決することに飽きたのか、あえてじっくり考えようという性格になってきました。きっとこれは日々、持続可能(程よい生活を長く続けていこうとする)について考えているからかもしれません。ファストファッションも買うけれど、なるべく自分の肌や、服を作られる時の環境に良いものを選ぼうと思ったり、お下がりや古着を選んだり、少し高くても長く着られるものを選んだりしています的な感じです。

せっかちであることに変わりはないのですが(笑)、、

急いで結論を出さなくてもいい事は、結果が同じだとしてもちょっとあっためて考えようキャンペーンが私の中で開催されています。(なぜか太字にしてみました)

話を戻しますが
全国各地で、お下がりを着まわしたり、いろんなものを共有する動きは今後も増えていくでしょう。それはSDGsでいうところの様々なゴールにつながります。

SDGsは何にでも繋がりますので、まぁこじつけといえば、こじつけになっちゃいますけど、こういう効果があるんだなって思うと、なんかちょっと自己肯定感高まるやん?って事です。
私だって、つくる責任やつかう責任を考えて日々生きてるわけじゃないです。だけど、なんかこうやって可視化できると、自分を自分で褒めてるみたいでちょっと嬉しい。自分のテンションを自分であげていくためにSDGsを使ってもいいと思うんですよね。(今回は話がそれるパターン)

お子さんが大きくなって、もう読まない絵本がある。とか、サイズアウトした子ども服がある方、無印良品へGO!でございます。

そして今週末に環境はフェアトレードやSDGsの話を聞きながら、チョコレートの食べ比べができるイベントを開催します!

まだ若干名、空きがあります。
よかったらご参加くださいね。

 投稿者 SDGsみえプラス なるかわ

サステナママという新語キタ!

サステナママという新語キタ!

前回は突然ヴォーグやゲランの話をしましたが、今日は日本の話で、もっと身近な話をしようと思います。

四日市市内の本屋さんに行くと、すでにSDGs関係の本はたくさんあります。
環境に特化したものや、子ども向けのもの、投資や経済の関係やジェンダーの話まで。

その中で、私たちSDGsみえプラスの3人が度々話題にする雑誌があります。
それはFRaUです

こちらですね。

FRaUはSDGs特集をして、販売部数がめっちゃ多かったそうです。

でも今日はFRaUの話じゃなくてごめんなさい。。。
今日はこちらの雑誌のお話です。

VERYです!

新語きました!!!!

サスティナママ!

サスティナブル+ママ=サスティナママ!
サスティナブルが浸透していくのはいいことだと思います。
調査では、いわゆるお母さん層でのSDGs認知度はわずか9%と聞いた事があります。そのお母さんの層の人たちにサステナブルと言う単語が伝わることはすばらしいことで、VERYだからこそできる偉業だと思います。

どんな人がサスティナママなのか?

子どもの服をお下がりに回す
ゴミの分別を丁寧にする
水を出しっぱなしにしない  etc…

ちょっと待って!それやってる!!!!!!!!!!

って思いません?むしろ、VERY読者は、子供服をお下がりに回してないの!?水出しっぱなしなの??ゴミだいじょうぶーーーーーーーーーー?!って思いましたよ(苦笑)

つまり、企業でSDGsに取り組むよりも、家庭でSDGsを意識する方が比較的カンタン!

私もそうでしたが、国連が、世界が、政府が、取り組むSDGs、、って聞くと、「自分の家庭や自分自身には全く関係のないもの」だと思いがちです。
しかし、家庭内で意識することで、衣食住教育、様々な場面でSDGsと関係があり、17のゴールに近づけるヒントがたくさんあるのです。

一人が100歩分進むより、100人で「せーの」で1歩進んで100歩分進んだ方がみんなに負担がなくていいってことです。伝わってますか?(伝わってほしい)これを以前食品廃棄の記事で書いたので読んでみてください。

この「みんなで100歩」の力をVERYさんは強くアピールしていらっしゃると思います。なんか上から目線ですみません。SDGsを広めるというか、SDGsをきっかけにして、子どもたちに今の日本や世界に関心を持ってもらいたいと思って私たちSDGsみえプラスは活動していますので、サステナブルという言葉がいわゆるママのみなさんに広まっていくのはとても嬉しいことなんです。ママの皆さんという言い方をするとジェンダー的に引っかかるものがあるのですが、それは今日は置いておきます。
こういう雑誌やテレビなどで大きく広める事も大事ですが、私たち一人一人が少しずつ行動を変えていく事こそが大切なので、私たちは引き続きVERYにもゲランにもヴォーグにもできない事を地道にやっていきたいと思います。

SDGsをご存知の方に私の気持ちをちょっと吐露するとすれば、この特集は今は有効ですが、もうあっという間にウォッシュになりますので気をつけなければいけないなとも思ってはいます。でもまず知ってもらう事を優先するとなれば、これはとても効果的だと思います。

という事で、お子さんと一緒にチョコレートの真実を勉強しませんか??

古市が作製しました!(古市の本業はデザイナーです!)

イベントの詳細はこちらからご覧くださいね。

チョコレートの研究

チョコレートの研究

2月に「みんなが知らないチョコと環境のおはなし」という講座を親子向け講座として開催予定です。

みなさん、チョコレートって色々売ってますよね?食べ比べしたり、箱に記載されている材料を見たことありますか?

3人でチョコレートを食べ比べ。

よく見ると、チョコ以外もある(笑)

口どけ、香り、苦味、自分の好み、、など話しました。これが結構おもしろくて、講座でもみなさんに体験してもらおうと思っています。

ところで、チョコレートの何がSDGsなんだ?

と、思うかもしれませんね。

環境に関しては、講座で話すので楽しみにしていただきたいので言わないでおきます。環境以外だと、フェアトレードチョコレートを購入することで、カカオを作っている生産者のみなさんが豊かになり、貧困を解消できるお手伝いができます。

講座でも、フェアトレードチョコレートの試食や、フェアトレードについても詳しくお話しますね。

私たちは今後も、身近にあるモノからSDGsに繋がる色んな講座を開催していく予定です。

こういう講座受けてみたい!とか、希望があれば教えてくださいね!

鈴鹿市教育委員会にお伺いしました

鈴鹿市教育委員会にお伺いしました

それでは前年に引き続き、私たちSDGsみえ+の活動を報告していきますね。

鈴鹿市教育委員会へお伺いして、来年度以降に小中学生の教職員の皆さんと生徒さんへの講座をさせていただきたく、プレゼンをさせていただきました。

と言っても、私と古市は大人しくして完全に堀にお任せしたのですが。

いや!新年初訂正です。正確には古市は、何もしてない訳ではないです。資料のデザインをしたり、鈴鹿市民ゆえ、地元の友人のご縁で、私たちは教育委員会の会議室に座れている訳ですから。

という事で、つまり何もしてないのは私でしたね。堀と古市の間に座って、写真撮影とブログ掲載の許可を頂くくらいしか何もしてませんでしたので、このように堀と古市が忘れた頃にブログを書いてます(笑)

順番に活動報告をブログにしていたら、今日になりました。忘れてたりとかしてませんよ!

堀が、休むことなく40分プレゼンをしてくれました。控えめに言ってもあっぱれでした!!!

私たちは、子どもたちに持続可能という事を伝えていきたいので、そのためにできる事をコツコツやるだけです。あとは、私たちが楽しかったら最高です。

プレゼンを聞いてくださった、鈴鹿市教育委員会の皆さま、お忙しい中同席して下さった山中議員、ありがとうございました。

赤ちゃん用ミルク(紙パック!)

赤ちゃん用ミルク(紙パック!)

もう、まぁとりあえず、動画みましょうよ。
1分弱の動画です。最後のポンって音まで聞いてください。

いろんな意味で私はいいな!むしろグリコさんありがとう!と思います。
いや、自分の子どもはすでに小学生だから使わないんですけどね。
ともかく開発してくれてありがとうございますって思います。
2人目をミルクで育てた私としましては、より簡単にすぐ飲ませてあげられる環境って、羨ましい。ミルク作るの簡単やん?って思うでしょう?そんなに難しいわけじゃないけど、大変なの。赤ちゃん育てるの、大変なのーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(伝わりましたか?)

防災の備えとして紙パックミルクは本当に使える。これは防災の観点からゴール11「住み続けられるまちづくりを」ですね。

きっとこの紙パックミルクをみたら、一部の人は「考えられない!かわいそう!母乳が一番!」みたいに言うのでしょう。特に子育て経験がある女性が言うかもしれないなと思うのです。
これは私の個人的な見解ですが、女性が社会や会社で活躍するときに足を引っ張る人って結構女性が多いような気がするんですよね。これを私は呪いだと言っていますが、これはまた別の話なのでここまで。(これは当ブログを書いているなるかわの個人的見解です)

ということで、ゴール5ジェンダー平等を実現しよう にも関係してきますね。

話がそれました!

結論、いいんです、これで。
今日日、私やあなたが経験したことない、育児環境だから誰でもミルクをあげられるようにしておきたいし、大きな台風で少し前より確実に自然災害は増えている。だからこの紙パックミルクは必要なのです。

こうして、社会は変わっていく。
ついていけないと諦めないで。
まず、知ることから始めたら、それでいいと思っています。
一緒に目から鱗をたくさん出しましょう。

(企業向け)アウトサイドインアプローチ

前回からの続きです。

さぁ!SDGsやるぞ!!

って会社の方針が決まったとします。

で、何する?

今、社内で何ができてるかの洗い出しはできた。
もう少し取り組みたい。
そう思ったあなたはどうしますか?

予算を見る。会社の商品を見る。

それが当たり前だったと思います。

しかし!アウトサイドインアプローチは違うのです!(キリッ!!)

あなたの会社のステークスホルダーが何を必要としているのか?

また、ステークスホルダーとどうしたら今より強い関係性を結ぶ事ができるのか?

さらに、それは、ずっと続けていく事ができるのか?

を考えることから始めるのです!

あえてステークスホルダーという言葉を使ってみたりして企業向けっぽくしてみました。

つまり、先に「私たちはどういうパートナーシップを結び、これからの社会にどうやって貢献していくのか」というゴールを決め、そこから逆算して行動していく。これがアウトサイドインアプローチなのです。(キリッ!)

私個人的な例を話しますと、、、
四日市市内でSDGsに関心があり取り組みたい人がいることは分かっていました。同時に「SDGsって何?」っていう人もいるのも分かっていました。だから、SDGs自体をもっと広く知ってもらいながら、大人も子どもも巻き込んで、これから地域がもっと良くなるための何か活動したい人が集まれる場所を作りたい。四日市に住む子どもたちが世界目線で物事を考えられるように(これを世界人になると言い換えました)なって欲しいと思って、堀と「SDGsよっかいち」を立ち上げました。これはゴールになりますね。

過去のデータなんてありませんし、実績も予算だってありません。あるのは、堀となるかわとパソコンと時間と人脈。
だけど、SDGsよっかいちは必ず社会に必要とされると確信して日々突き進んでいます。
前例なんていらない。
私たちが前例を作り、世界中どこの地域の人たちであっても、私たちの前例を参考にしてSDGsに取り組んで欲しい。世界人が増えて欲しい。

不安ばかり感じる社会ですが、立ち止まることなく少しずつできることをするだけで、自分も(大げさですが)世界も良くなっていく。そしてそうしているうちにだんだん「世界人」になっていくのだと信じてやみません。

私たちはできます。
大丈夫。

SDGsよっかいちに励ましてもらいながら、アウトサイドインアプローチをしてみたい方はお気軽にご連絡ください。三重県じゃなくてもどこでも行きます。お気軽にお問い合わせください。

(企業向け記事)トリプルボトムライン・・・

この単語もよく出てきます。サクッといきたい!行けるかな・・・
いよいよわかりやすいSDGsシリーズは企業向けに分かりやすくお伝えするところまできました。成長した・・・!

まずこれを見てください。これはSDGsウェディングケーキと呼ばれるものです。

これがいわゆる、SDGsウェディングケーキ。上手いこと言ったもんです。

よく見かける下の17つのゴールのうち16個を経済・環境・社会に分けられています。そして真ん中の軸には17個目のパートナーシップが軸として書かれています。

これがよく見かける17つのゴールですね。

企業や団体は、環境面(自然に優しい)と社会面(働く人や地域の人に優しい)の両方もバランス良く成長していかないと、儲けるだけじゃ、これからは評価されません。就職活動をする人たちも、この二つをチェックしているそうです。そりゃそうだ。

環境に配慮がない企業、男女の格差がある企業、ブラックな企業、、こういう企業は危ないですね。会社はあっても、働く人がいなくなって倒産、、、という事もあり得るとの事です。あとはこれらに配慮がないと融資が受けられなくなる可能性が出てきました。これはまたきっと記事にします。

大丈夫です!つまり!視点をぐるりと変えましょう!

自然に配慮し、働く人や地域に配慮したらいい。
しかも、楽しく。楽しくないと続かないから。

余談ですが、、この前聞いた話だと、何かしようと考えてとりあえずゴミ拾いしてみるか・・ってなったら誰もやる気がおきなくて続かなかったという話を聞きました。だからとりあえず、とか気乗りしないのに無理やりはダメです。

新しく何かを始めるというより、今、あなたの会社で、モノや人に対して何かしら「配慮」してると思うんです。それを洗い出して、発信していけばいいです。

「トリプルボトムラインを実践し、私たちは〇〇をしていますとか、〇〇に配慮しています」とか、ホームページに載せるだけで、SDGsに取り組んでいる事になります。嘘はついていません。前からやっていたけど、発信してなかっただけのことです。

そこからさらに「これからのこの地域がずっと続いていくためには〇〇が必要じゃないかな?」って思ったら、それは次の段階です。アウトサイドインアプローチの出番ですね。

アウトサイドインアプローチについては、次回お話しします!
お話しできるのかな、、、頑張ります!


あなたの会社で、SDGsをどうやって取り入れたらいいか分からないよ!きっと何かに配慮してるんだよ、、何かに。けど、分からん!整理して欲しいよ!という事がありましたら、SDGsよっかいちに声をかけてください。行きます!コンサルタントというより、一緒にパートナーシップを組んで、今よりもっといい社会が続いていくためにみんなで何ができるか考えましょう。
という事で、私たちSDGsよっかいちと話をするだけで、SDGsウェディングケーキの軸であるパートナーシップが成立しました。誰でも、SDGs、できる!できる!

頻出!ステークホルダーってなんなん?

この単語、めっちゃ出てくるんですよね、、、。

日本語直訳だと

利害関係者

です。良くも悪くも関係する人の事です。だから、直接会ったことなくても、あなたと私はステークホルダー。キャベツを買ったら、そのキャベツ作った方もあなたのステークホルダー。イオンで買ったのならイオンとあなたはステークホルダーの関係。ブラジル産のお肉を買ったのなら、ブラジルの方ともステークホルダーの関係です。

なんでもステークホルダーやな!!

という事です。

ビジネス用語でもあるので、その時々でステークホルダーは株主だったり、顧客だったり、ライバル社だったりするみたいですが、SDGsで言えば「関わる全ての人」のことをステークホルダーと言いますね。

英語↔日本語を行ったり来たりしなきゃいけないから、めんどくさいんですけど、使えるとかっこいい。英語喋れる人に見られる(笑)。

では確認テストです。

SDGs総研さんのページよりテストします!

分かりましたか?

つまり、タイトルは、03.関わる全ての人との関係の強化、新たな政策展開との同調

と、言い換えることができますね。

何となくお分かり頂けたら幸いです。

ちなみにレピュテーションは評判という意味らしい(ググったw)

GとsはGoals

GとsはGoals

もはや、答えをタイトルにするという大胆な事をしてみました。

そうです、ゴールです。
みなさんご存知のゴールです。
SDGsでは「目標」と言われています。
ゴールは分かりやすいので、特に解説はしません。

という事で、まとめてみましょう。

政府や国連では「持続可能な開発のための目標」

私が勝手に言い換えると

これからもっと地球を良くしていこうぜ!っていう目標

という感じですかねぇ。
でも実際は「良くしていこうぜ」っていうレベルじゃなくて

今のままではマジで地球がダメになるから、みんなで大きく変化していかなきゃいけないんだよね。でも手当たり次第じゃダメだから、これらの目標をゴールとして頑張っていこうぜ!

っていう方が正しいと私は思います。

結果、SDGsを日本語でいうと、どうしても難しくなったり長文になったりする(困)
きっと他の言語でも困っている事でしょう。

以上!SDGsって何だろ?の3回シリーズでした。

じゃあSDGsの「D」は何かな?

じゃあSDGsの「D」は何かな?

では2文字目Dですね。

Dはdevelopment=ディベロップメントと読みます。意味は「発展」、「進展」という意味になります。

SDGsでは、「開発」と言われているかな、と思います。
またもや分かりづらい。

ざっくり言うと

もっと良くするため

で、いいんじゃないかなって思います。

今の所SとDをまとめると国連や政府では「持続可能な開発」と言いますし、私が勝手に言い換えるとすれば「これからもっと良くしていくために」という感じになります。

さて、次はGと小文字のsです。
勘がいい方は何となくもう分かりますよね?