カテゴリー: 11 住み続けられるまちづくりを

資源回収でまちづくり

先日、株式会社環境思考さんへお伺いしてきました。

環境思考さんは、古紙回収の業務をされていらっしゃいますが、SDGsにも熱心に取り組んでいらっしゃる企業さんです。

環境思考の大川さんは持続可能な社会作りに向けてとても熱心でした。
私たちもとても刺激を受けました。

少しずつですが、いろいろな企業や行政、団体のみなさんとパートナーシップを組んで、これからもずっと続いていく社会がよりよくなるよう活動していきたいと思います。

環境思考の大川さん、水谷さん、ありがとうございました。

投稿者なるかわ

四日市市の子育て支援施設にも!

四日市市の子育て支援施設にも!

お久しぶりになってしまいました。
新型コロナウイルスの影響により
私たちのSDGsを広める活動は一旦休止になったりしましたが
この1ヶ月間は、それぞれ仕事と子育てをしつつ
鈴鹿市と四日市市の子育て支援施設へ株式会社ピーキューテクノさんのアミノエリアネオという抗ウイルス剤をお届けさせていただきました。

そして現在は、三重県内の子ども食堂さんへアミノエリアネオの配送準備をしています。
県内でも伊勢などの遠方の地域へは直接届けることが難しいため、公益財団法人ささえあいのまち創造基金さんが、四日市市民コロナ基金の申請の募集をされていたので応募し採択されました!

順次発送いたします。
子ども食堂も少しずつ再開されるようですし
親子の皆さんが子ども食堂でアミノエリアネオを使って安心安全に食事をしていただけたら嬉しいです。

投稿者 なるかわ

みえプラス、こっそり色々やってます

みえプラス、こっそり色々やってます

私としては、全てはここから始まったと思っている。

前回からお伝えしているように、私たちはある場所へアミノエリアネオという抗ウイルススプレーを寄贈します。

そのため、鈴鹿市・四日市市・三重県と調整をしています。
やたらもったいぶっていますが・・・
いろんなご縁とタイミングにより、某ニュース番組で紹介してもらえることになりそうなので、まだどこに寄贈するかはまだ言えません。


その他、セミナーの依頼を頂いております。
対面のセミナーはすぐできるわけではないし、オンラインでのセミナーも検討しています。
(セミナーやイベントが延期・中止になったり、その他企業さんとの打ち合わせがなくなったり、、と新型コロナウイルスの影響は私たちも多少なりとも受けていますし、今回の状況を踏まえ私たちができることを、、と関係各所にオファーをして断られることだってあります。)

そして目下、私たちの楽しみとしては、外出解禁されてからの「防災×SDGs」のイベントです。私たちが「この人から直接学びたい!」と熱望する講師の皆さんと相談を始めています。

ただ、日にちが・・・・読めなさすぎる_| ̄|○
それでも、準備はたのしいものです。

直接会うことがめっきり減りましたが
zoomで打ち合わせしたり

ラインで泣いたり慌てたりしてます(笑)

みなさんも、どうぞお気をつけて日々をお過ごしくださいね。

投稿者 なるかわ

抗ウイルススプレーを配ります

抗ウイルススプレーを配ります

今日は、大事な事を記事にするので、緊張して胃が痛いことをまず、お伝えしておきます。

私たちSDGsみえプラスとして、現在の社会情勢のなか、何かできないか?と考えて行動した結果、とある複数の施設に抗ウイルススプレーを1箇所につき4リットルずつお届け(寄贈)させていただくことになりました

許可を得て撮影・掲載しています

今回は古市の「みえプラスで、何かできることをしたい!」という情熱と、その気持ちを受け入れて私たちが想定していた以上の寄贈してくださる、株式会社ピーキューテクノさんのお力で実現しました。

ピーキューテクノさんの会議室でとある方と電話をする古市(隠し撮りしたのは、なるかわ)

そもそも、ご存知でしたか?株式会社ピーキューテクノさんというお名前。
ここだけの話、、大変申し訳ないことに、私は最初に「キューピー?」って思いました。(つまり存じ上げなかったのでした。)
そこで私はネットで検索しました。すると、出てくる出てくる、信じられないほどの情報。
ピーキューテクノさんのホームページにも掲載されていますが、そこから一部を抜粋しますね。
どんどん商品をアピールしていいと仰っていただいているので、みんなドキドキしながらみて!
しつこいけれど、この商品を販売してるのは久保田にあるんだから、すごいよ!みて!

国際ハラール認証製品。イスラム教徒の人は少しでもアルコールが入っている除菌スプレーは使えない!
でも、アミノエリアネオなら使えます!世界で求められる商品です。

お子さんがいたり、肌が弱い方にはありがたいですね。
そして、性能も半端ない。新型コロナウイルスの不活化はまだデータはありませんが、このデータをみて、あなたはどう思いますか?

しつこいですが、こちらの商品を販売している会社が四日市にあるんです。すごいね!
使いたくなったでしょう?
ということで!
そろそろみなさん、覚えましたか?株式会社ピーキューテクノさんというお名前。覚えてください。有名になってきた頃「私、前から知ってたもんね!」とドヤ顔できますね。
現在は、一般にはまだ広がっていませんが、医療現場では多くの現場で使われているとのこと。

開発やこれらの審査に単位の費用をかけ、様々な現場で効果を発揮できる商品を開発し続けた結果、医療現場では認められてきたそうですが、これからは一般の人々にも知って欲しい使って欲しい!と仰られていました。この機能で使わない選択肢ある?(ないです)

今日は、ピーキューテクノのこちらの商品がすごい!という宣伝のような記事になりましたが、言いたいのはですね、以下2点です。

素晴らしい商品を販売している会社が四日市にある、その名は「株式会社ピーキューテクノ」さん。

私たちSDGsみえプラスは、現在の社会情勢を鑑みて社会課題をみつけ、株式会社ピーキューテクノさんとパートナーシップを組み、ある施設約50箇所に4リットルずつアミノエリアネオをお届けさせていただきます。

株式会社ピーキューテクノの社長富田さまには、商品の事だけじゃなく、生き方も教えていただいたと感動している(むしろファンになった)古市・堀・生川です。今回をきっかけとして、今後もよいパートナーシップを組んでいけるように敬意をもって、おつきあいさせていただけたらと思っています。

この続きや詳細は、ブログにしていきますので、今後もお楽しみに!

投稿者なるかわ

急に防災

急に防災

毎日ブログを書こうとして、気が滅入って書けずにいました。

Twitterでは、コロナに感染した方の体験談がツイートされるようになり、インフルエンザより本当に辛いんだ・・・と震えています。

この社会情勢において、私たちみえプラスに何ができるか三人で話し合ってきました。
そして、色んなご縁もあり、様々なお話を聞いて、たどり着いたことがあります。それは・・・

教育と防災

急に防災がきた!ほんと、急にやってきました、防災!


現在私たちは、アルコールスプレーやマスクなど衛生用品が必需品です。
今回の新型コロナウイルス関連で、マスクやアルコールなどを調べているうちに、災害の現場でも衛生管理がとても大事だという事が分かりました。そんなん前から知っとったよ?だけど、具体的な話を伺う機会があって「防災やらなあかんね!」という事になりました。

今年は防災に力を入れていくことになると思います(宣言)


突然カミングアウトします。

私は子どもを出産した直後にカンジダを発症しました(実は結構そういう人多い)。

例えば震災があって、避難所生活になった時、お風呂に入れないどころかパンツの替えもない。そうなると、多くの人がカンジダに悩まされることになるそうです。東日本大震災でももれなく、カンジダを発症した人は多く、避難所生活が終わっても婦人科にしばらく通院する人がいたと聞きました。

私は、もうカンジダはごめんだし、全女性にカンジダで苦しんで欲しくない。
(カンジダになったことある人は、深くうなずいているでしょう!)

だから防災始めます。安易な発想に思われるかもしれないけど、私たちは災害に対して準備しているって胸を張って言えますか?言えない人がほとんどだと思います。だからやります。私、防災をもっと意識したい!とか、防災の事をすでに手掛けている方、ぜひパートナーシップを組みましょう。
SDGsも防災も他人事では、いつまで経っても進まない。
たかがカンジダと思われるかもしれませんが、されどカンジダ。
絶対カンジダは嫌だ!という自分ごとにして初めて、防災をちゃんとやろうと行動できます。

防災×SDGs、やります!

投稿者なるかわ

人工パーム油の話

人工パーム油の話

ネットフリックスに入って、いろんな動画を見ています。
この前は「天才の頭の中ビル・ゲイツを解読する」を少し見ました。
今日のパーム油の話は多分ネットフリックスには出てません。
でも生のゲイツさんを見られる感じで、オススメです。ネトフリ会員の皆さんはぜひご覧ください。ゲイツさんは考えている時は何かを噛むことが多いらしいというのがわかります。私もなんか噛みながらブログ書こうかな(そういうことじゃない)

ネットフリックス公式YouTubeチャンネルより

そんな、超絶お金持ちのゲイツさんが22億円以上も投資しているものがあります。

関係ないようなあるような、ビル・ゲイツの名言10選もリンクしておきます。https://forbesjapan.com/articles/detail/32187

それはパーム油(いわゆる植物油)を人工で作る企業への投資でした。

私たちの生活でパーム油は切っても切れない繋がりがあります。
食べ物の材料名を見れば多くの食品に植物油と書かれています。それはつまりパーム油が使われているということ。さらにシャンプーなどにもパーム油が使われています。私たちが生活する中で使う物の半分の物にはパーム油が使われていると言われています。

実はパーム油とともに私たちは生きているんです。知ってました?(私はうすうすは知ってたよ、うすうすやけどね)

そのパーム油を作るために東南アジアの森林は伐採されて、その代わりにおおきなパーム農園を作り、パーム油の生産をしています。

森林が破壊されると、二酸化炭素が減らないし、動物たちの居場所もなくなります。
良くないですね・・・。良くないのはわかっていたので10年以上かけて、何とかしようと色んな人たちが環境を守るために動いていましたが、なかなか改善できませんでした。

そこで、人工パーム油の出番です

この人工植物油は、全然ちがう原材料で植物油を作り出すらしい!!!!!!

なんと、食品廃棄物と微生物を使って、人工パーム油を作るんだって。

さよなら、プランテーション。そして再び、森林さんいらっしゃい!

という未来がやってくるわけです。ね、すごいやろ?!
もっとすごいのは、今のパーム油より安く作れる可能性すら出てきたらしい。
そういう研究をしている企業があることもすごいし、それに22億円出せるゲイツさんもすごい。人工パーム油の名前はゲーツ油でええやん?って感じ。

世界では、私の知らないところで色んなことが起こっていて、次の世代に向けて小さな一歩もあれば、22億円規模の大きな一歩もあるんですね。

22億円って、2,200,000,000円だと思うの。
(数字弱いくせに数字出してくるのやめたいけど、こうやって書くと凄みがあるから)

今後もこの研究がどうなるか見守っていきたいです(何目線・・・)。

投稿者なるかわ

一緒に給食食材買わない?

一緒に給食食材買わない?

私自身、記事を書いていると、そろそろ気づきます。私が書く記事は・・

ジェンダーと、食べ物の話が多い!

ということで、今回ももれなく、食べ物の話です。

学校給食に出すはずだった食材が販売されている、うまいもんドットコムをご存知ですか?

食べて応援!学校給食キャンペーンhttps://www.umai-mon.com/user/collection/1100

どんどん出品されてるし、あっという間に売り切れます!

どんなものがあるかというと・・・

私も書いたい!って思うけど、コストコまたはそれ以上の量を買うことになるので躊躇します。

なので一緒に書いませんか?

種類によっては一緒に買ってもいいよっていう人がいたら、お知らせください。
メッセンジャーグループ作ろうかなって思います。

これはSDGs的には何かな?と考えてみました。

フードロスを減らすことで、海の豊かさを守ったり、陸の豊かさも守ったりできると思うけれど、ぱっと思いつくのはコレでした。

投稿者なるかわ

無印良品で本と子ども服の交換ができる

無印良品で本と子ども服の交換ができる

四日市駅にある近鉄百貨店5階の無印良品では、おさがり交換会が開催されています。絵本と子ども服が対象です。
ご存知でしたか?
私は知りませんでした!私は自分の子どもたちが通う小学校の読み聞かせボランティアをしていまして、そこでこの取り組みがありますよ〜と教えてもらいました。ということで、早速行ってきました!

とは言え、無印良品には子ども服も絵本も販売されています。
なのに、こういう取り組みをされていらっしゃいます。
この取り組みをするのに、人件費もかかるし、販売スペースを削っているんですよね。
それはなぜなのでしょうね。(多くを語らないパターン)


そんなこんなで、実は私も昨年、富田地区でお下がり交換会をしました。
その時はSDGsのことは知っていたけど、完全に忘れてましたね笑。SDGsは自分と全然関係ないことだとすら思っていました。

みなさん、思い入れがあって捨てられない、誰かに着てもらいたい。
というお気持ちで提供してくださいました。
ジャングルジムや新品のキッズ布団もありました。

なぜお下がり交換会をしようかと思ったのかと言えば、まだ着られるお下がりのお洋服が、お下がり服がほしい人のところに回ってほしい。楽しそう。

だったからです。
他にも理由はありますが、またそれは話しますね。(もったいぶるパターン)
ちなみに春になったら富田地区で再び開催予定です!

話は変わりますが、みなさん決断しなければいけない時、すぐ決められますか?
私は即決できるタイプなんですが、最近即決することに飽きたのか、あえてじっくり考えようという性格になってきました。きっとこれは日々、持続可能(程よい生活を長く続けていこうとする)について考えているからかもしれません。ファストファッションも買うけれど、なるべく自分の肌や、服を作られる時の環境に良いものを選ぼうと思ったり、お下がりや古着を選んだり、少し高くても長く着られるものを選んだりしています的な感じです。

せっかちであることに変わりはないのですが(笑)、、

急いで結論を出さなくてもいい事は、結果が同じだとしてもちょっとあっためて考えようキャンペーンが私の中で開催されています。(なぜか太字にしてみました)

話を戻しますが
全国各地で、お下がりを着まわしたり、いろんなものを共有する動きは今後も増えていくでしょう。それはSDGsでいうところの様々なゴールにつながります。

SDGsは何にでも繋がりますので、まぁこじつけといえば、こじつけになっちゃいますけど、こういう効果があるんだなって思うと、なんかちょっと自己肯定感高まるやん?って事です。
私だって、つくる責任やつかう責任を考えて日々生きてるわけじゃないです。だけど、なんかこうやって可視化できると、自分を自分で褒めてるみたいでちょっと嬉しい。自分のテンションを自分であげていくためにSDGsを使ってもいいと思うんですよね。(今回は話がそれるパターン)

お子さんが大きくなって、もう読まない絵本がある。とか、サイズアウトした子ども服がある方、無印良品へGO!でございます。

そして今週末に環境はフェアトレードやSDGsの話を聞きながら、チョコレートの食べ比べができるイベントを開催します!

まだ若干名、空きがあります。
よかったらご参加くださいね。

 投稿者 SDGsみえプラス なるかわ

まちづくりに参加してますか?

まちづくりに参加してますか?

私は三重県四日市市の富田地区に住んでいます。
名古屋で暮らしたこともありますが、ほとんど富田で生きてきました。
去年から地域の行事のお手伝いをする事が出てきまして、先日もお手伝いしてきました。

中学生と語る富田の未来 というイベントで、中学2年生9名 VS 富田地区の行政の代表・PTA・桜まつり、石取祭、鯨船祭の代表者・防災減災担当・社協の代表者の皆さん9名がディスカッションを行うというイベントで、結構おもしろいイベントです。

私は記録係です。
90分間のディスカッションをこれまではみなさんが書記の筆記していたそうですが、Googleドキュメントで音声入力を提案させてもらいまして、即採用!そして喜んでもらっています。インフルエンザになっても絶対来てね!って言われるほどです。(実際はインフルエンザどころか風邪も引いてませんので大丈夫でしたし、インフルになったらもちろん行きません。)

中学生の皆さんも参観しに来てました。

時代が変わっても、中学生の子たちは富田が好きで祭りが好きで、私たちが若かった頃と変わらないんだなぁと話を聞いていて思いました。

「富田地区でSNSをやってほしい。特に祭りの時、山車がどこにいるか分からないので観にいけない!」と中学生から提案があり、大人側は「みなさんがそれぞれで発信してくれたらいいと思うのでやってほしい」と答えるものの、中学生からは「発信はできなくないけれど、私たちのプライバシーが守られて安全だとは言えないので、中学生がやるのは難しいと思います。」と返答され、その通りだ!って私は思いました。忌憚なく発言する中学生のみなさんが本当に好きです。かっこいい。って思いました。

富田でSNSが導入される日は来るのだろうか・・・
来る!提案する!!せめて祭りの時だけでも、どこにどの山車がいるか分かるように提案したいです。とおもっています。

富田地区には十四川という川があり、桜の木が植えてあります。
その桜の木は大正時代に植えられた桜なので、寿命が心配されています。
植え替えるには、枯れた桜の木を根こそぎ取って新しく植えねばならない。
それは専門の知識がある人じゃないと難しく、そうすると財政的に厳しい・・・。
っていうお話も出ました。

石取祭も鯨船祭りも、子供たちの参加が少なく、祭りをこのまま継いで行けるのかという不安があるとのことで、これは全国的に課題となっていると思いますが。。

それでも、昔より人数は少なくとも、地元の中学生の子たちが「祭りって楽しい!自分の子どもにも体験させたい!」って思える事が大切で、そう思ってもらえるように富田を愛するおばさんは、頑張ろう!と思うのでした。

これはSDGsでいうと、こちらですね。半ば強引にSDGsと結びつけてみました。
(きっとこの会に参加した人の中でSDGsを知ってる人はほとんどいなかったでしょう)

祭りだけでなく、防災や減災の話も出ました。
道が狭くて危ないという話も出ました。
それらに付随して、大人側からは都市計画の話や、海に近い地域の取り組みが話されました。

でも、私は個人的にジレンマを感じます。
富田以外の地域のことも知ってほしい。
国内海外含め、色んな文化や習慣を見てほしい。
それでこそ、富田(大きく言えば日本)の良さや課題が分かると思うんです。

大人たちは、人口流出を心配します。大人になっても富田に留まってくれるかを心配します。実際、四日市の20代の女性はどんどん四日市から出て行っていると聞きました。それはどういう事なのでしょうか。また戻ってきてくれるにはどうしたらいいのでしょうか?

このイベントは楽しかったですが、富田で育った者として、そして子どもを持つ者として、考えることはたくさんあります。少ししかできなくても、地域が存続し続けるために少しずつでも私は協力していきたいと思います。だって富田が好きだから!


2/2はみんなでチョコレートを食べながらSDGsを学ぼう!
小学校低学年のお子さんもお家の方と一緒に参加できますよ。

投稿者 なるかわ