カテゴリー: 未分類

ジェンダーギャップ指数120位

去年は121位でした。
156カ国中です。

1位あがりましたね!パチパチ!!
この1年間、ジェンダー に関して多くの声があがり活動が生まれ、1位上がりました。

多少なりとも、ジェンダーの活動をしている者としては、気が遠くなる気持ちすらします。
それでも上がって嬉しいです。


先日、大学時代のバイト先の店長と電話で話しました。
店長は私の7つ上で、男性です。
今は正式な役職はわからないけど、新宿でなかなかの役職でお仕事をしています。

私がジェンダーに力を入れていると伝えたら
「めちゃくちゃ興味ある。ハラスメント関係で職場で相談を受けることが多々ある。」
と言うので、話をしました。

話したところ「ジェンダーって身近な問題じゃん」って言うので、ずっこけました。
ジェンダーに関心がある人でも、他人事な感じがショックでしたが、彼にも私にもこの感覚はとても大切です。また、「男性・女性とかじゃなくてさ、人として尊重しあえるのがいいと思うんだよね」と言うので「そりゃそうですよ。でもまず土俵が違いますから。女性だから入試で減点され、お給料は安い。この状況で人として尊重する/しないのレベルの話はできないですよ。」と言う話をしたら「刺さったわ・・・」と言われました。そうか、刺さるのか・・・私の感覚とだいぶちがうな。など思いました。これらのやり取りで彼が不勉強だとか悪いとか思いません。むしろ・・・

なんやかんや言いながら、私はとても嬉しいのです。
男性もジェンダーに関心をもっていることを表明して、知ろうと耳を傾けてくれる時代が来たことが嬉しい。今まではそんなの言われなかったし、男が女を守るものだ。とか、少しのセクハラくらい愛嬌でなんとかしろっていう時代だったから。同時に私も「ジェンダーに興味があって、活動している」と言いやすくなってきました。嬉しいです。来年のジェンダー ギャップ指数は何位かな?下がらないように頑張っていきたいです。なお、下がるのは日本のジェンダー不平等が増えると言うことではなく、他の国がどんどん頑張るので追い越されている感じですね。温暖化もジェンダー問題も「現状維持では足りない」のです。だからといって、諦めたりすることなく、できることをコツコツとやるのみです。

次はひさしぶりに環境の話をしたいと思います!
お楽しみに。

投稿者なるかわ

地域で持続的に活動する

先日、元気じるしさんの笹川BASEのオープンセレモニーに参加してきました。

元気じるしさんのブログもぜひご覧ください。

寄付や寄贈品の目録と感謝状お渡しの時の写真です

強度行動障害専門 生活介護事業所「のんきびより」
ひとり暮らし体験ルーム「こころみるーむ」
を同じ建物内で、二つの事業を展開されます。

写真の男性が元気じるし代表取締役社長石山さんです。
私が小学校5、6年生の時に私の家庭教師として週に2回勉強を教えていただきました石山さん。
30年来のお付き合いです。
その当時から、ボランティアでハンディキャップのある方との交流をしていたという石山さんは、今はこうして活動をされています。

地域で活動を継続することは、楽しいけれど、大変です。
繋がりあって生きていくことがすなわち、持続可能な社会です。
今後もご活躍をお祈りしています。

SDGsでいうと、今回は・・・

こちらになるかな?と思います。
また遊びに伺いたいです。
ありがとうございました。

投稿者 生川

ついに食べられる器がキタ!!

アサヒビール株式会社さんと丸繁製菓さんが「使い捨て容器の削減」のために、もぐカッブを共同開発し販売をスタート!

その名も、もぐカップ。冷たい飲み物なら1時間程度もつそうです。

主原料はじゃがいもでんぷんで、副原料の一部に小麦が含まれます。サイズはSMLの三種類。味(カップなのに味!!)は、えびせん・プレーン・ナッツ・チョコの4種類。

すでに販売も始まっており、Mサイズ10個セットで1200円。4種類の味以外にもオーダーの相談もできるそうです。

これはありそうでなかったですね。

アサヒビール株式会社さんのサステナブルへの取り組みのページに詳しく書いてあります。

もぐカップはこちらから買えます。ほしい!私たちのイベントで使いたい!!使います。

お弁当の仕切り、キャンプやイベントで使えます。今後は環境に配慮しているイベントの必需品になるでしょう。今はまだ熱い飲み物はダメだけど、改良されていくといいですね。

このお話はSDGs的に考えると…

たくさんのゴールに関係しますね。実際に使ってみたレポもお楽しみに。

投稿者 なるかわ

セミナー準備中

みなさま、なにかと忙しい日々かと思います。

私たちSDGsみえプラスもメンバーそれぞれに忙しく
あたふたしているうちに3月も終わろうとしています。

最近はSDGsに関する講座の問い合わせをいただくことも増え、コロナが落ち着いてきたのか?はたまた、コロナが落ち着くのを待っているわけには行かず動き出す方達が増えてきたのか?私たちも企画書やら資料作成などに追われる日々でございます。

この一年で私が感じたことは「SDGs」は多くの方が読めるようになったようですが、なんなのかはわからないようです。(先週映画館でエヴァンゲリオンをみた私としましては、まだエヴァを引きずって生きているのであえて言わせてください。SDGsを「人類補完計画」ならぬ「人類持続計画」みたいな感じで一言で表現したいものですね)

最近は、至る所でSDGsのロゴだけでなくて、17のゴールのアイコンを見かけます。
新聞を開くと、サスティナブル・ESG・カラフルなアイコンたちが並んでいます。

なので、私たちの当初の目標でした「SDGsが何か?ということを広めていく」は、あっという間に叶ったような気がしています。なので、セミナーも「SDGsの初歩の初歩ver」と「SDGs分かってきた人ver」の2つを用意しようということで動いています。

そのため、情報を私たちも日々アップデートしていく必要がありますので、猛勉強しています。

日経新聞が私には特に面白く、デジタルからアナログの世界に戻ってきてしまいました。
これでDXの話ができるのか!?
と思われるかもしれませんが、がんばります。
ネットの情報も引き続き活用しますが、新聞の情報もとても有益です。

セミナーをお楽しみに!現在はご依頼いただいた講座のみ開催しています。自主開催はありませんので随時お問い合わせください。

ミキサー食教室、開催します

最近、防災防災と申しておりましたし、実際今も防災防災言っているんですが、SDGsはそれだけじゃないです。

ミキサー食教室を開催して欲しいという声を受けて、開催させていただく運びとなりました。

感染症の関係で、この1年間本当に大変でした。
SDGsのセミナーもできませんでした。
そんななか、久しぶりのイベント!
燃えます!!!


ミキサー食教室に参加ご希望の方へ

この度は、参加をご検討いただきましてありがとうございます。

沢山の方にご参加頂きたいのは山々ですが、新型コロナウイルス感染症の関係で会場の定員がとても少なくなっております。また、新型コロナウイルスの感染者が参加していた事が判明した際には参加者の皆様にご連絡する必要があります。

そのため、大変お手数をおかけしますが、以下のグーグルフォームからお申し込みをお願い致します。

お申し込み頂いても、SDGsみえプラス(sdgs.yokkaichi@gmail.com) より申込完了の返信が来るまでは仮予約の状態となりますので、ご了承下さい。

お申し込み頂いても満席の場合、メールにてご連絡させて頂きますので、zoomで参加されるかお返事を頂くことになります。

長々とすみません。
ご不明な点は上記、SDGsみえプラスへメールをお願いします。

お申し込みのグーグルフォームは以下になります。
https://docs.google.com/forms/d/1a-Y_V926-I7Y4M8HJ2N5IzDcAnxPoqxywexhv3967qo/edit

よろしくお願いいたします。

SDGsみえプラス

視点を据える

最近私たちは防災防災防災防災防災防災って言っています。

それはPQテクノさんとの出会いから始まっています。

今までPQテクノさんとはたくさんやり取りをさせていただき、たくさん記事を書いていますので詳細は省きますが、今後もパートナーシップを組んで新しいことを始めます。その打ち合わせに行ってきました。

突然ですが、私たちは母親です。
昨日のブログにもありましたが、母親はお世話係になってしまいます。
防災の面を考えても、防災グッズの準備、実際に地域の避難訓練に参加する、そして実際に避難所生活になった場合でもお世話するのは女性が担当する場面がとても多くなるんだと思います。

世のお母さん、想像してください。
災害に遭って、子どもの世話をしなければいけない(まだ子どもがおむつしている)、そして自分には生理が来た・・・
なんていう恐ろしい事態。
そんななか、母親はともかく、父親は何ができるのでしょう?
母親父親・男性女性・年齢別でできることが違いますし、耳が聞こえないとか車椅子で生活しているとかハンディキャップがある方の事も考える必要があります。

今はPQテクノさんとパートナーシップを組み始めたばかりですが、今後は様々な方とお話をして防災に取り組んでいきます。

しつこいですが、私たちは母親でもあります。
母親の視点を据えて、だからといって母親だけが防災を考えるわけでも当然ないですから、母親のみんなが非常時にケアワークで押しつぶされて倒れてしまわないような仕組みを考えていきたいです。

防災のことを思い続けているけれど、次回はそろそろロボットの話を書きたいです。
いいロボットがあるんですよ〜〜!お楽しみに。

投稿:なるかわ

お茶やめますか?ネイルやめますか?

こんにちは。またまた堀がお伝えします。

私、12月から茶道をはじめたんです。
鈴鹿にある椿大神社には、鈴松庵というお茶室があり、800円でお茶を楽しむことができるんですね。
落ち着くし、素敵なところなのでたまに行くんですが、お茶の作法が全然わからなくて「茶道は日本人として知っておきたい文化の一つだ!」と思いまして。
お茶のお稽古は、月に2回ほど。
というわけで、体験レッスンを入れてもまだ4回しか行っていない、私の本日のお稽古での出来事。

「あのね、お茶でネイルはダメなの」

ふと、こんなことを言われました。
私は、毎月1回知人のネイリストさんにキレイにジェルネイルをしてもらっています。
今まで自分でマニキュアを塗ったり、自分でジェルネイルキットを買ってやったりしていたんですが、爪先がキレイだとテンションあがるな~♪と思い、毎月通っています。

私は極力「派手だな!」と思われないようなデザインを選んでいます。キラキラしたストーンがたくさん付いているとか、めっちゃ長く爪を伸ばしているわけではありません。
でも、ネイルはネイルなんですよね。

いろいろ調べてみると、お茶でネイルがダメな理由がいくつか見つかりました。
①長い爪で大切なお茶の道具を傷つけてはいけない
②ネイルの装飾品(ストーンなど)で大切なお茶の道具を傷つけてはいけない
③お茶自体が主役なので、爪が目立ってはいけない
④爪が長いと不潔に見える
⑤そもそもネイルした指で立てたお茶なんて誰も飲みたくない

私もそう思っていたことがある

くぅぅ、わかる!わかるよ、すごーーーくわかる!
白状しよう。
私もね、ネイルサロンというものがこの世に登場しはじめたころは、ネイル=水商売の女性が施すものという歪んだ観念があったの!(世間の皆様ごめんなさい)
「飲食店で働いている人のネイルは不潔に見える」とか
「そんな長い爪でご飯作るの?料理に入りそうで気持ち悪い」とか
「仕事にネイルなんて必要ない」
って思ってた時期ありましたごめんなさいーーー!!!

でもね、それは私のちょっとした妬みでもあった。
ネイルサロンは高かったから、セレブな皆様のお遊びに思えていたんだと思う。その時は妬みだって気が付かなかったけれど、今思うとそうなのかもしれない。
だけど、理由は何であっても「ネイルは不潔」と思っていた時期があるわけで、お茶にNGというのも、反論する気はないのです。

つまり、
ネイルやめますか?お茶やめますか?

私はここで「だから日本の文化は衰退するんだよ!」とか「ネイルするのは個人の自由だ!」とか、そういうことを言いたいわけではないのです。
例えば少し前に、ボクシングの日本人選手がタトゥーの見える状態で試合に出て、厳重注意になりましたよね。
でもタトゥーは海外ではわりと当たり前。日本のように、タトゥー=入れ墨=反社 という図式のない国もあるし、むしろ伝統で体中がタトゥーで装飾されている地域もある。
2013年秋には、北海道のアイヌ民族会との文化交流のため来日していたニュージーランドの先住民族であるマオリの女性が、民族伝統の入れ墨ではあったけれど、「入れ墨は入れ墨だ」ということで温泉施設での入浴を拒絶されたこともありました。
タトゥーとネイルを一緒にすんな!という意見ももちろんあろうかと思いますが、でも自分が良いと思っていることが、何かしらの理由で制限されるのは、やはり残念なものだな、とも思うのです。

副業したいけど、会社が副業NGにしてるから…とか
髪を染めているせいで、バイトの面接に落ちた…とか
働きに出たいけど、家族がダメって言う…とか
スカートはきたくないけど、制服でズボンが選べない。そんな学校もあるよね。

息子の通う中学校では、去年ようやく白以外のソックスがOKになったんですよ。でもグレーと黒までで、赤や青はダメ。
ルールってなんだろう。マナーってなんだろう。
相手を尊重するとか、文化を守るとか、海外は良くて日本はダメとか、男はいいけど女はダメとか、いったい何をどこに標準点を置き、何をスタンダードとして考えるのでしょうか。郷に入っては郷に従え、ということわざは、どこにも適用すべきなのでしょうか。考えているとわからなくなるので、ブログに書いてみました。
人権とは、非常に難しいテーマですね。

クロースラインin刈谷

今日のブログも堀がお伝えします。
愛知県刈谷市の総合文化センターにて、クロースラインの展示が行われています。

クロースラインとは

これは、セクハラや性暴力といった経験や、日常に潜む格差・差別など、普段表に出されにくい「声なき声」を拾い上げていく、参加型のアート作品です。

自分の性差別の経験を、小さなカードに記入します。もちろん匿名です。それを展示するというもの。

私は昨日、この展示の準備に行きました。私たちのメンバーの一人である、なるかわがこの主催メンバーなのです。

小さなこのピンクのカードを(実際にはもっといろいろな色がある)壁に貼り付けていく作業をしていたのですが、カードに書かれた内容は、性差別を受けた本人の生の声。読んでいくと、心がギュッとなるものもたくさんありました。

なんで性差別があるんだろう?

私は女ですし、私たちのグループはみんな女です。
私は女であることを嫌だと思ったことはないし、むしろレディースデーとかレディースランチとか、女性は得なことがあるなぁ、と思っていたぐらいです。
もちろん、セクハラや痴漢被害などに遭ったことがないわけではありません。全然知らない人に性的な言葉を唐突に言われたこともあるし、例えば「女は料理ぐらいできないと」と言われたこともあるし、自分もそう当然のように思っていたこともたくさんあります。
そんな私なので、ジェンダーにはほとほと疎く、なるかわと出会っていなければここまで考えることもなかったのかもしれません。

153か国中で121位の日本

2019年12月、世界経済フォーラムで『グローバル・ジェンダー・ギャップ指数(世界男女格差指数)』が発表されました。
日本は153か国121位。 G7においては最下位という結果だったんです。
日本で、国会議員は男性がほとんどです。
日本で、電車やバス、タクシーの運転手は半分以上が男性です。
私はぬくぬくと、なーんにも考えずに「そういうもんだ」と思って生きてきたので、「結婚したら~専業主婦で~お姑さんに料理を習って旦那さんの好みに合わせて~」などと、のほほんと思っていました(笑)。
もちろんそれが悪いことではなく、それがいい!そうしたい!と思うのは素敵なことなんですよね。じゃあ何が良くないかっていうと「そういうもんだ」って思いながら何の疑問も持たずに生きてしまうことなんじゃないでしょうか。
女は子どもを産んだら仕事を辞めるとか、女は家事ができて当たり前とか、女は男に口答えするもんじゃないとか、そういうの「そういうもんだ」って思っている女性も男性も、まだまだ多い気がします。
私が新卒で務めた会社は、インターネットの業者でした。宅内工事についてお伝えしていたら、男性のお客様が「あんたじゃ話にならん。男の人にかわれ」と吐き捨てました。
その時は「ま、そういうもんだよね」って思ったんですが、もっと怒っていいシーンだったのだな、と、自分の感覚の麻痺さに今になって呆れています(苦笑)

きっと正解はないと思うけれど

これからどんどん日本は変化します。ジェンダーについて、考える機会も多く増えるはずです。フェミニズムとか、マスキュリズムとか、ミサンドリーとかミソジニーとか、カタカナが多くて混乱するし、発言ひとつひとつがものすごく慎重さを疑われるテーマですが、大切なテーマなのでわたしたちはもっと知見を深めようと思います。
そんな時代をビシビシとかんじられるクロースライン、ぜひ足を運んで、自分の目で読んできてください。淡い色の優しいカードの集合体に書かれていることを。

災害が起きたらどうなるか

こんばんは!
堀もとこです。

いつもブログを書いてくれるのはなるかわなのですが、今週はなるかわが多忙なため、私が溢れる思いをブログにしたためようと思います。
いつもと文体が違うのでキモチワルイかもしれませんが、ぜひお読みいただけると嬉しいです。

みなさん、イメージしてみてください!
災害で、生活用水が途絶えました。

水道の蛇口をひねれば当たり前にジャージャー流れる「水」
災害時に水はあっさりと止まります。
電気もガスも止まるけど、水は電気などに比べて、復旧がとても遅いんだそうです。

もしも生活用水が途絶えたら…

①トイレが流せない!
2年前だったか、台風で我が家近辺の電気が止まったことがありました。
うちはオール電化なので、トイレの水さえ流せなかったのです。
(ていうか、停電時に備えて「この紐をひっぱると水が流せます」っていう紐があったんですけど、すっごく硬くて引っ張れなかったので、ペンチで挟んで引っ張ったら紐が根元からちぎれました…)
トイレが流せないと、とても困ります。
ずっと排せつ物が便器の中でコンニチハしている状態。
小ならまだしも、大なんてすごく臭うはず!!!
一度、半日でいいからトイレを流さないで実験してみてください。
イライラモヤモヤ、トイレが流せないことのストレスは半端ないのです!

②手が洗えない!
ちょっとちょっと!
このコロナ禍で、手が洗えないのは大問題!
「じゃあウエットティッシュで…」「アルコールスプレーで…」って、そんなもので手ってサッパリできましたっけ?
コンビニで申し訳程度にもらう紙おしぼり、すぐ乾いちゃいますよ。
ちなみに人間の手ってばい菌だらけです。
健栄製薬によると、「手のひら」は一般的な「トイレの便座」の汚れに比べて5倍以上の汚れが潜んでいることが測定されました。
さらには「指先(爪の間)」では「トイレの便座」の10倍以上の汚れが!!!
そんな指で、支給されたおにぎりを食べるんですよ…
そんな手で、避難所のドアを開けたり閉めたりするんですよ…
あなただけじゃなくて、全ての人が。

③食器が洗えない!
よく、非常持ち出し袋にはラップを入れましょうって言いますよね。
お皿にラップを敷いて使えば、お皿を洗わなくても良い!っていうあれです。
そう、食器が洗えないということは、食中毒や感染症が蔓延するということ…
私の息子はお弁当を持って学校に行くんですけど、夕方にお弁当箱の蓋をあけたら…「プ~ン」って、いや~なにおいがするんですよね…
災害が夏に起きたら、臭いも食中毒も、相当やばそうです!

④お風呂にはいれない!
「お風呂なんて1日や2日入らなくても死なへんやろ」と言われたことがあります。
ええ、死にません\(^o^)/
でも不快感でもだえることは間違いありませんよ。
1日シャンプーしなかった頭、べとべとして痒くなりませんか?
夏場だったら、汗もかくから気持ち悪いですよね~
しかも、デリケートゾーンも洗えないとなると…
痒い、そして排泄物を出すところだから当たり前に臭う。
痒いから寝ているときにかきむしるんですって。
そう、あのトイレの便座より何倍もばい菌に汚染されている手でかきむしって、皮膚に傷がついて…。
この後はどうなるか、書かなくてもわかりますね?とかいいながら書いちゃうけど、傷ついた皮膚からブドウ球菌が入り込み、皮膚障害が起こります。
痒いのって眠れない。私今、皮膚が乾燥して痒いので薬を塗っています。
綺麗にお風呂で体を洗ったあとに、薬を塗っています。

このように、さっと挙げただけでも4つの大困難が待ち受けているのです。
お水って思っている何十倍も大切なんですね。
飲料水を確保するだけではダメなんです。

…じゃあどうしたらいいの?
…家族4人が1週間使えるだけの水をどうやって貯蓄したらいいの?

お風呂にお湯をためておきますか?
それも防災アイデアの一つですね。
ウエットティッシュを10個ぐらい購入しておきますか?
それも備蓄品の一つに良いですね。
防災備蓄で大切なのは「長期保存が可能」であり「簡単に持ち出せること」です。


みなさん、水がないとどれだけ困難か少しはイメージできたでしょうか。
災害はいつやってくるかわかりません。
どうか、水がストップする怖さを、頭の中にインプットしていただきたいと思います。

ロボット その1

年末にこの動画を見まして、これはSociety5.0や!
ロボット界の風雲児や〜(言いたいだけです、すみません)

ロボットダンス然り、ロボットってカクカク動くイメージでしたが、こいつは全然違った・・・!

そもそも、私の情報が古すぎるのかもしれないけど、ロボットには二足歩行自体がとても難しいとテレビでみたことがある。それがどうでしょう。二足歩行の騒ぎじゃない。片足立ち、ジャンプ、ダンスができてる・・・。

そのうちスーパーで買い物をしてるお客さんも、レジの人も全部ロボットになるかもしれない。
介護もロボットがやれちゃう。もう介護職のみなさんは腰痛に悩まされることはなくなるでしょう。私が介護が必要になる頃には、私自身の趣味嗜好や考え方などを教えたAIロボットに私自身を介護してもらいたい。子どもや家族や身内に負担をかけることなく、自分とそっくりなロボットに世話してもらえたら、文句も言えるし、昔話もロボットの私と話せるのだから楽しいのでは?

有人ドローンの動画を初めて見た時もそうでしたが、ロボットや技術革新の現状を知ると、ワクワクします。

そして、ロボットでできないことを人間がするんだと逆説的に考えると、人間は何をするんだろう?と考えます。何年も前からネットで「10年後にはなくなる仕事」みたいなのが出ていますが、果たしてそれが合っているのでしょうか?

また災害時に避難せねばならないのはロボットでなく人間であって、防災に関してはより一層人間らしさが求められると思っています。この辺を考えて行動することが私にとっての持続可能な社会へ向けてできることだと思っています。

またカーナビができたおかげで、全然地図か読めなくなってしまった私たちのように、ロボットに頼りすぎると何もできなくなってしまう可能性もあるわけで、たとえロボットが凶暴にならなくても、ロボットによる自動化により人類は身を滅ぼす可能性だってあります。現にこの寒い中、エアコンの操作もアレクサで操作していた人が、アレクサが動かなくなってエアコンのリモコンが見当たらなくてやばかったとどこかで聞きました。

ということで、日々ロボット化と人間について思いを馳せております。

次は、ロボットと人間らしさの両方を混ぜたようなロボットのお話をご紹介したいと思います。

ではでは^^