安倍首相が国連で演説を断られた件

こちらの記事が、結構衝撃でした。

深刻さを増す地球温暖化に対処するため9月に米ニューヨークの国連本部で開かれた「気候行動サミット」で、日本政府が安倍晋三首相の演説を要望したが国連側から断られていたことが28日、分かった。二酸化炭素(CO2)の排出が特に多い石炭火力発電の推進方針が支障になったという。主催したグテレス国連事務総長は開催に先立ち「美しい演説ではなく具体的な計画」を用意するよう求めていた。

 複数の政府関係者が共同通信に明らかにした。日本は、安倍首相が演説し、6月に議長を務めた20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)の結果を含めて報告したい意向を伝えて協議したが断られた。

©一般社団法人共同通信社

私は安倍政権を批判したいわけではないのです。
日本全体が、世界から取り残されて行っているということが顕著になった事例として伝えたかったのです。

私が勉強会に行ったりして、肌で感じるのは

未来の社会や世界を考えて動けないと、ある日突然社会から見向きされなくなって孤立しそう(怖!)

ということです。
まさしく、アリとキリギリス。

これは企業や団体だけでなく、個人でもそうです。

「え、まだ平気で食べ残しをしてるの?!」

「え、まだプラスチック使いまくってるの?!」

と、なります。

いまは、まだ、言われてなくても、その時はすぐやってくるっぽい(と私は感じている)

投稿者: SDGsみえ+

SDGsみえ+のホームページです

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。